FXスワップ派の基本

スワップ派のFX業者比較

スワップ派の通貨の選び方

FXの税金

私のFX投資方法

今月のFX実績

FXお役立ちブログパーツ

FXひと休みコラム

FXスワップ派シミュレーション

読者からのコメント

お知らせ

FX本の書評





最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

「FXでスワップ生活を目指そう」の歩き方~FX初心者の方へ~
まずは左側のカテゴリ「FXの基本」を全て読んで下さい。分からない事があればいつでもコメントして下さい。恥ず
   かしい方は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れれば大丈夫ですよ。
その後、自分にあったFX業者を選びます。
   「スワップ派のFX業者比較」「スワップ派の通貨の選び方」を読んで参考にしてみて下さい。
全部読むのはめんどくさ~い!という人は、右側に私が使用しているFX業者を掲載しているので、まずはその中か
   ら適当に選んでもいいかも。
説明よりはまず実践!!という人は、デモ口座を開いて実践してみて下さい。FX Onlineなんてどうでしょう?
少し慣れてきたら、「私のFX投資方法」以下のカテゴリを読んでみてください。(「FXの税金」は後回しでいいか
   も。)「FXいろいろシミュレーション」は結構おもしろいですよ♪
おすすめ記事
◆スワップ生活の最低条件
◆FXの複利運用で資金はいくらに・・・?
◆複利投資法の1億達成比較!
◆トルコリラ複利運用に最適な業者比較
◆お知らせ◆
このブログの内容をまとめたサイト「FX初心者の為の外国為替講座~スワップ派で楽して稼ごう編~」を作成しました。(というか少しずつ作成している途中ですが・・・(^^;))
ブログよりもまとまっていると思いますので、良かったら見てみてください。
(昔からこのブログを見てくれている人は別に必要ないかも(笑))

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングの応援してくれると、実はとってもうれしいです。→ →   人気blogランキングへ
スワップ派の情報ならこっちにもいろいろありますよ。→→スワップ派のブログランキングへ
「FXでスワップ生活を目指そう」の歩き方~FX初心者の方へ~
まずは左側のカテゴリ「FXの基本」を全て読んで下さい。分からない事があればいつでもコメントして下さい。恥ず
   かしい方は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れれば大丈夫ですよ。
その後、自分にあったFX業者を選びます。
   「スワップ派のFX業者比較」「スワップ派の通貨の選び方」を読んで参考にしてみて下さい。
全部読むのはめんどくさ~い!という人は、右側に私が使用しているFX業者を掲載しているので、まずはその中か
   ら適当に選んでもいいかも。
説明よりはまず実践!!という人は、デモ口座を開いて実践してみて下さい。FX Onlineなんてどうでしょう?
少し慣れてきたら、「私のFX投資方法」以下のカテゴリを読んでみてください。(「FXの税金」は後回しでいいか
   も。)「FXいろいろシミュレーション」は結構おもしろいですよ♪
おすすめ記事
◆スワップ生活の最低条件
◆FXの複利運用で資金はいくらに・・・?
◆複利投資法の1億達成比較!
◆トルコリラ複利運用に最適な業者比較
◆お知らせ◆
このブログの内容をまとめたサイト「FX初心者の為の外国為替講座~スワップ派で楽して稼ごう編~」を作成しました。(というか少しずつ作成している途中ですが・・・(^^;))
ブログよりもまとまっていると思いますので、良かったら見てみてください。
(昔からこのブログを見てくれている人は別に必要ないかも(笑))

トルコリラ複利運用に最適な業者比較

昨年の11月末から始めた私のトルコリラ積立口座のトルコリラポジションは、現在9.5万ポジションにまで増えました。
この口座だけで、毎月約10万円のスワップになってきました。
当初100万円で積立を始めて、余裕があればたまに入金して、スワップが増えるたびに買い増しをしてきました。
やはり、トルコリラでの複利効果は素晴らししです。

ということで、最新のトルコリラ取扱FX業者一覧です。
今までいろいろ記事を書いてきましたが、書きすぎて「結局どこがいいの~?」ってことになってそうなので、ちょっとまとめてみました(^^;)
あくまでも、「トルコリラ複利運用に向く業者」という視点でまとめていますので、目的に合わせて選んでください。


◆表の見方◆

  • FX業者(コース):括弧内がコース名
  • スワップ:1万トルコリラに対してのスワップ金額(円)
  • 単位:最低取引単位(通貨)
  • 手数料:手数料とミニマムチャージ。
  • 証拠金:1万トルコリラを買うために必要な証拠金。比率の場合と円の場合あり。
  • 建値:建値のタイプ
  • 税金:未決済ポジションに対する税金
    (決済時:未決済ポジションの税金はかからない
    スワップのみ:未決済ポジションのスワップは税金対象
    両方:未決済ポジションのスワップも為替差益も税金対象)
  • 引出:未決済ポジションのスワップが引出可能かどうか
    (○:引出可能 ×:引出不可)

FX業者
(コース)
スワップ 単位 手数料 証拠金 建値 税金 引出 信託先
ヒロセ通商
(FX2)
350 1万 無料 25000円
※2
維持 決済時 OCBC
証券
ヒロセ通商
(FX2ミニ)
350 1000 150円 25000円
※2
維持 決済時 OCBC
証券
ヒロセ通商
(HiroseTrader)
371 5000 5米$
※1
4% 値洗い
※4
決済時 × 新銀行
東京
ヒロセ通商
(LionFX)
360 1000 無料 30000円
※3
維持 決済時 ※6 OCBC
証券
SVC證券 371 5000 5米$※1 8% 値洗い 決済時 × OCBC
日証金信託銀行
kakakuFX
(スタンダード)
371 5000 無料 4% 維持 スワップのみ 三井住友
銀行
kakakuFX
(プレミアム)
371 5000 7米$
※1
4% 維持 スワップのみ 三井住友
銀行
アストマックス
(エコノミー)
371 5000 無料 8% 維持 スワップのみ 日証金
信託銀行
アストマックス
(ビジネス)
371 5000 5米$
※1
4% 維持 スワップのみ 日証金
信託銀行
アトランティック
(ネットミニ)
330 1万 無料 2% 維持 スワップのみ 新銀行
東京
トレーダーズ
(NFXプロ)
379 5000 7米$
※1
4% 維持 スワップのみ なし
サザインベスト
メント(ミニ)
370 1万 無料 1% 値洗い
※5
両方 SG信託
銀行
AFT-FX
(トライアル)
370 1万 無料 1% 値洗い
※5
両方 SG信託
銀行

(2008年7月16日現在の情報です)

※1・・・トルコリラの場合10万通貨以下の取引の場合にミニマムチャージが発生します。
※2・・・トルコリラが90円の場合、証拠金比率に直すと約2.8%です。
※3・・・トルコリラが90円の場合、証拠金比率に直すと約3.3%です。
※4・・・スワップ分のみが加減された値で値洗いされます。
※5・・・その日のレートで値洗いされます。(毎日決済される感じ)
※6・・・現時点(2008年7月)では不可ですが、近々可能になるそうです。


◆自分に合ったFX業者の選びのポイント◆

スワップ
もちろん高い方がいいです。
ただしスワップ金額は日々変動しますので、その時点でのスワップ金額は各FX業者のHPで確認してください。

単位
単位は出来るだけ小さい単位で取引出来る方が複利効果は大きくなります。
ただしスワップ金額との兼ね合いもありますので、一概に小さい方がいいと言うわけでもありません。
また、小額から始める場合は、1000通貨単位で取引できる業者の方がいいと思います。

もっと詳しく知りたい人は→→「1万通貨より1000通貨!」

手数料
HPでは「無料」と謳っていてもミニマムチャージがかかる場合があるので気をつけてください。
トルコリラのミニマムチャージは現状ではどこも10万通貨以下の取引でかかってきます。
複利効果を考えるとなかなか10万通貨単位で取引することはないと思うので、ほとんどの方がミニマムチャージの対象となります。
5米ドル~7米ドルということは、現状のレートでは500円~700円もの手数料が発生してしまうことになるので気をつけてください。

証拠金
出来れば証拠金比率が少ないほうが、同じレバレッジの場合の危険度は低くなります。

建値
初心者のうちは、出来れば建値が維持されるタイプの方が分かりやすいです。
また、買い増しをしていく際にも、現在の累計スワップが分かりやすい建値維持タイプの方が分かりやすいです。
ただ、基本的には「建値が維持されるタイプ=未決済ポジションのスワップが税金対象になる」ので税金的には多少不利になります。(例外業者もあるようですが)

もっと詳しく知りたい人は→→「値洗い方式って何!?」

税金
長期間での複利運用を考えていて、途中で決済をあまりする気がないのであれば、税金は決済時に一括してかかるほうがお得です。
たとえ未決済スワップにだけ税金がかかるタイプでも、ポジションが増えてきて、しかも仕事を持っていてある程度給与をもらっている場合は、税金の比率もかなり高くなってしまいます。
また、税金が決済時のみのタイプでも、未決済ポジションのスワップをもし引き出した場合には、その引き出した分は税金対象になると思われます。
長期積立で複利運用をする場合は、未決済ポジションの為替差益にもスワップにも税金がかかるタイプはお勧めしません。

もっと詳しく知りたい人は→→「税金がお得なFX口座とは」

引出
スワップ生活をする上では、引き出し可能の業者がお勧めですが、とにかく貯めたいから当分は使わないということであれば引出し可能である必要はありません。

もっと詳しく知りたい人は→→「スワップ生活の最低条件」

信託先
信託保全がないFX業者はやめておいた方が無難です。
FX業者も潰れる可能性は十分ありますし、実際に潰れた業者もいくつもあります。
また信託保全されていても、信託先に問題がありそうな場合も避けておいたほうが無難です。
新銀行東京は格付けも悪く、いろいろと問題になっている業者なので、信託先が新銀行東京のFX業者はちょっと不安ですね・・・。

もっと詳しく知りたい人は→→「安全なFX業者の見極め方」

ちなみに・・・、トルコリラ複利運用に限って言うと、
・スワップが高くて
・1000通貨から取引が出来て
・手数料が無料で
・証拠金が低くて
・建値が維持されて
・税金は決済時のみで、
・好きな時に未決済スワップ分が引き出せて、
・信託先がしっかりしている
っていうのが理想だと思いますが、そんな口座はないと思いますので(^^;)、多少妥協して選んでくださいね。

それと、参考までに・・・ですが、私は現在FX2ミニ口座を使用していますが、FX2ミニを使用するのであれば、LionFXを使用するほうがいいです。
以前はLionFXは信託保全されていなかったのですが、現在ではFX2と同じ信託先で信託保全されていますし、手数料も無料でスワップも高いのであれば、FX2ミニを使用する意味はないと自分でも思っています・・・(^^;)
ただ、既にポジションを持っているので、もう少し円安になっていったん決済したら、私も口座の移動を考えています。

もちろん、LionFXが一番良いかというとちょっと分かりません。
詳しく検証はしていないのですが、多分金額だけ考えると、手数料もかからなくて5000通貨で取引できてスワップも高いkakaku(スタンダード)の方がトータル的には増えるのではないかと・・・(笑)
ただ、スワップに税金がかかるのでそこが微妙かな。
このあたりは、いつかトータルでどこが一番お得なのかは検証してみたいところです。

また、くりっく365でトルコリラの取扱が始まると前回の記事で書きましたが、詳細が分からないので今回は掲載していません。
税金面だけで言うと、多分間違いなくくりっく365がいいと思うのですが、証拠金やスワップ金額などが分からないため現在様子見中です。
実際にくりっく365でのトルコリラの取扱が始まったら、また比較してみようと思います。

そうそう、今回記事中のリンクをクリックしていただいた方は、もう分かっていると思いますが、実は新たにこのブログをまとめたHPを作成中です。
またHP作成途中なので、このブログ内にリンクしようかと迷ったのですが、やはり新しい方が内容的に分かりやすいかと思ってそちらにリンクしています。
まだまだ未完成ですが、「FX初心者の為の外国為替講座~スワップ派で楽して稼ごう編~」もよろしくお願いします。



スポンサーサイト


ランキングの応援してくれると、実はとってもうれしいです。→ →   人気blogランキングへ
スワップ派の情報ならこっちにもいろいろありますよ。→→スワップ派のブログランキングへ
「FXでスワップ生活を目指そう」の歩き方~FX初心者の方へ~
まずは左側のカテゴリ「FXの基本」を全て読んで下さい。分からない事があればいつでもコメントして下さい。恥ず
   かしい方は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れれば大丈夫ですよ。
その後、自分にあったFX業者を選びます。
   「スワップ派のFX業者比較」「スワップ派の通貨の選び方」を読んで参考にしてみて下さい。
全部読むのはめんどくさ~い!という人は、右側に私が使用しているFX業者を掲載しているので、まずはその中か
   ら適当に選んでもいいかも。
説明よりはまず実践!!という人は、デモ口座を開いて実践してみて下さい。FX Onlineなんてどうでしょう?
少し慣れてきたら、「私のFX投資方法」以下のカテゴリを読んでみてください。(「FXの税金」は後回しでいいか
   も。)「FXいろいろシミュレーション」は結構おもしろいですよ♪
おすすめ記事
◆スワップ生活の最低条件
◆FXの複利運用で資金はいくらに・・・?
◆複利投資法の1億達成比較!
◆トルコリラ複利運用に最適な業者比較
◆お知らせ◆
このブログの内容をまとめたサイト「FX初心者の為の外国為替講座~スワップ派で楽して稼ごう編~」を作成しました。(というか少しずつ作成している途中ですが・・・(^^;))
ブログよりもまとまっていると思いますので、良かったら見てみてください。
(昔からこのブログを見てくれている人は別に必要ないかも(笑))

フォワード取引について④~値洗い方式って何!?

前回までUSD/HKDについて取り上げていましたが、
SVC證券について、いくつか質問をいただいたのと、
SVC證券などの、SAXO系でかつ値洗い方式の業者は、前々から多少分かりにくく
一度説明記事を書きたいと思っていたので、今日はSVC証券を例にして説明してみたいと思います。
SVC證券を使用しようと思っている人は、ぜひ読んでくださいね。


SAXO系の建値にスワップが加減されるタイプについて

まず、値洗い方式の大きな特徴としては、建値がロールオーバー時に変更になることです。

例えば、ドル円を106円で買いますよね。
通常の場合は、いつでも買値は106円です。

SVC證券の場合、この買値自体が変更していきます。
ヒロセ通商のHiroseTraderや、元JNSもこのタイプです。)
これはスワップ分が加減された値に変更されるので、例えばスワップが100円だとすると、
ロールオーバー時に買値が105.99になり、さらに翌日には105.98になり・・・。
と、どんどん買値にスワップ分が加減されていきます。

スワップがプラスだと、買値は下がり、
スワップがマイナスだと、買値は上がっていくわけです。


市場の価格がずっと106円だった場合、どんどんプラススワップが貯まっていくと
自分の買値はそのうち105円とか104円とかになっていくので
例えば1年後に決済する時には、買値が103円とかになっていて、市場が106円のままであれば
その3円分のスワップが、為替差益としてプラスになるということです。

つまり、スワップも為替差益も、見た目は一緒になってしまうわけですね。

デメリットとしては、自分がいくらで買ったのかが分からなくなってしまいます。


SVC証券のスワップ表の見方

スワップ表なども見難かったりします。
例えば下はSVC證券のスワップポイント一覧ですが、USD/JPYを見ると、買いも売りもマイナス表記になっていますよね。
(たまたま4日分の時の表です。)

※切れてますが、一番右の列が売りスワップ、右から2番目の列が買いスワップです。
SVC証券スワップ表


これは、買いも売りもマイナススワップということではありません。
Longの方が-246となっていますが、これは買値が246円下がる、ということです。
買っている場合は、買値が下がるほうが差益が出るからいいですよね。
つまり-246円というのは、プラススワップが246円ということになります。

逆に、売りの場合は-275となっていますが、これも現在の売値から275円下がるという意味です。
ただし、売りの場合はなるべく高値で売りたいですよね。
ということは、275円下がる、というのはつまり為替損ということです。
つまり売りでマイナススワップ275円を表しています。

ちなみに、SVC証券のスワップ表の単位は、右側の通貨です。
つまりUSD/JPYなら円、USD/HKDならHKDです。

そのため、クロス円通貨はまだ分かりやすいのですが、USD/HKDなどはさらに分かりにくくなります。
まず、USD/HKDのLongを見ると、-6.41となっています。
買いでマイナスなので、プラススワップを表しているのですが、この-6.41の単位はHKDです。
円ではありません。
つまり、直訳すると、1万USD/HKDを持っていると6.41HKDが買値から引かれるてつまりプラススワップになる、という意味です。
円換算するには、現在の香港ドル円のが13.6とすると、
6.41×13.6=87.176
この87円が、USD/HKDを1万通貨持っていたときのスワップとなります。
(しつこいですが、4日分です・・・)

ただでさえ分かりにくい建値変更方式の上に、外貨/外貨なのでさらに分かりにくいですよね・・・(^^;)
ちなみに、ヒロセ通商のHiroseTraderが同じタイプになりますが、こちらでは円換算してくれています。
多少の違いはあるかもしれませんが、同じSAXO系なのでそんなに違いはないと思います。(多分・・・)
なので、分かりにくい場合はHiroseTraderのスワップポイントを見るってのもありかなあと・・・(^^;)

ちなみに、ですね。
フォワード取引をした場合に、単純にこのスワップ表のスワップが、前払いでもらえるわけではありません。
なので、あくまでも取引画面でのスワップレートを見て、エントリーするタイミングを見計らってくださいね。

SVC証券のフォワード取引画面の見方

さらに、取引画面も考え方は同じです。
下は、フォワード取引について②で使った画面のイメージですが、
ここでスワップレートがマイナス表記になっていますよね。

(クリックすると大きくなります)
フォワード取引画面2


USD/HKDは現在は買いでプラススワップのため、ビッドもアスクもスワップレートがマイナス表記となっていますよね。
つまり、買いの場合はスワップ分を買値からマイナスして(つまりプラススワップ)フォワード価格が決まるということです。
もちろん、売りの場合は同じように売値からマイナスして(つまりマイナススワップ)フォワード価格が決定します。

この買いでのスワップレートのマイナスが大きければ大きいほど、たくさんスワップがもらえるということなので、円換算してみて22円以上(平均は約22円・・・ByRyu先生)でレートが低い時にエントリーです!


と、こんな感じなのですがどうでしょうか・・・。

何だか分かりにくいなあ・・・と思いますよねえ、きっと(^^;)
ただ、この方式を採用しているSVC證券HiroseTraderのメリットもあるんです。

最大のメリットは「決済時にしか税金がかからない!!」ということです。
スワップが為替差益として利益になっていくので、スワップも、当然為替差益も、決済時まで税金がかかりません。

スワップが税金対象になる業者の場合は、決済しなくてもスワップで得た利益の税金額を、確定申告で払わなくてはならないので、スワップ額が増えてくると結構痛いです。

なので、たとえUSD/HKDは買わなくても、トルコリラなどかなりの通貨を取り扱っていますので
税金対策用に1つは持っておいたらいいかもしれないですね♪


関連記事:「フォワード取引について①」
関連記事:「フォワード取引について②」
関連記事:「フォワード取引について③~USD/HKDの秘密」

今日の記事が参考になった方はランキングの応援よろしくです♪
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキング



ランキングの応援してくれると、実はとってもうれしいです。→ →   人気blogランキングへ
スワップ派の情報ならこっちにもいろいろありますよ。→→スワップ派のブログランキングへ
「FXでスワップ生活を目指そう」の歩き方~FX初心者の方へ~
まずは左側のカテゴリ「FXの基本」を全て読んで下さい。分からない事があればいつでもコメントして下さい。恥ず
   かしい方は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れれば大丈夫ですよ。
その後、自分にあったFX業者を選びます。
   「スワップ派のFX業者比較」「スワップ派の通貨の選び方」を読んで参考にしてみて下さい。
全部読むのはめんどくさ~い!という人は、右側に私が使用しているFX業者を掲載しているので、まずはその中か
   ら適当に選んでもいいかも。
説明よりはまず実践!!という人は、デモ口座を開いて実践してみて下さい。FX Onlineなんてどうでしょう?
少し慣れてきたら、「私のFX投資方法」以下のカテゴリを読んでみてください。(「FXの税金」は後回しでいいか
   も。)「FXいろいろシミュレーション」は結構おもしろいですよ♪
おすすめ記事
◆スワップ生活の最低条件
◆FXの複利運用で資金はいくらに・・・?
◆複利投資法の1億達成比較!
◆トルコリラ複利運用に最適な業者比較
◆お知らせ◆
このブログの内容をまとめたサイト「FX初心者の為の外国為替講座~スワップ派で楽して稼ごう編~」を作成しました。(というか少しずつ作成している途中ですが・・・(^^;))
ブログよりもまとまっていると思いますので、良かったら見てみてください。
(昔からこのブログを見てくれている人は別に必要ないかも(笑))

フォワード取引について③~USD/HKDの秘密

さて、今日はやっとフォワード取引でのUSD/HKDの効果的な運用についてです。
フォワード取引について①フォワード取引について②の記事を読んでいない方はそちらから読んでください。)

そのためには、ます香港ドルの性質について少し詳しく知る必要があります。

実は、香港ドルはカレンシーボード制を採用しています。
このカレンシーボード制の特徴は非常におもしろくて、金利とレートの関係で相場の自動調節が行われます。

といっても分かりにくいですよね。

例えば・・・。

----------------------------------------------------------------

何らかの原因で香港ドルが大きく売られ、香港ドルレートが下がったとします。
  ↓↓↓
市場の香港ドルの量が減少
  ↓↓↓
香港ドルの希少性が高まり、金利が上昇
  ↓↓↓
香港ドルの金利が上がったので魅力UP!香港ドルを買う人が増える
  ↓↓↓
香港ドルのレートが上がる(香港ドルが買われる)
  ↓↓↓
市場の香港ドルの量が増加
  ↓↓↓
香港ドルが市場にあふれ、金利が下がる
  ↓↓↓
香港ドルの金利が下がって魅力もDOWN!香港ドルを売る人が増える
  ↓↓↓
一番上に戻る

----------------------------------------------------------------


つまり!!
◆香港ドルのレートが上がると金利は下がる
◆香港ドルのレートが下がると金利は上がる


という特徴を持っているわけです。

ということはですね。
USD/HKDで考えてみるとこうなります。
まず前提としては、「香港ドルレートが下がる→USD/HKDは上がる」ですよね。

だから
◆USD/HKDが下がると香港ドルの金利が下がってUSD/HKDのスワップは増える
◆USD/HKDが上がるがると香港ドルの金利が上がってUSD/HKDのスワップは減る


ということになります。

つまりUSD/HKDはレートが低いほうがスワップが高くなるということですよね。

実際の過去1年間のスワップとレートの関係を表したのが次の表です。
(USD/HKD博士のRyuさんにお借りしました♪)

USD/HKDレートスワップ推移表


少しずれはあるものの、先ほどまとめたことと一致していますよね。


これは、フォワード取引をする上で、非常に重要なこととなります。
前回の記事でまとめているように、フォワード取引ではスワップを先取りしてしかもスワップを固定して取引を行います。
つまりなるべくスワップは高いところで、出来ればレートが低いところで買いたいわけです。
なんとUSD/HKDはレートが低い=スワップが高いわけなので
この条件にぴったりと当てはまります。

通常のクロス円通貨の場合はそうはいきません。
レートが低いときに買いたいけど、レートが低いときっていうのはだいたいスワップは安くなっていますよね。
逆にスワップが高い時はレートも高いので、スワップは固定しておきたいけどここで買うのはリスクが高い!!ってことになってしまいます。

USD/HKDならレートが低いときでスワップが高い時ってのが必然的にあり得ますので
その時にフォワード取引でスワップ半年間で取引をしてしまえば良いということになります。

ちなみに、過去1年間のスワップの平均はUSD/HKD博士によると1万通貨あたり23.5円だそうです。
ということは、最低でもそれ以上を狙わないと損をしてしまいますよね。

これだけの事が分かっていれば、
USD/HKDでスワップリスクも為替リスクもなく
しかもいつ買えば良いかの時期も分かり、

失敗なくUSD/HKDで大もうけ出来そうですよね(#^_^#)


さて、USD/HKDがフォワード取引で非常に有効なのは分かっていただけたでしょうか?
現在、このフォワード取引はSVC證券で取り扱っていますが、
チャンスはいつ来るか分かりませんので、やってみたい方はぜひ口座を開いてみてください。
ちなみに、香港ドルは毎年夏に高くなる傾向があるそうです。
(大型IPOの関係らしい。)
香港ドルが高い→USD/HKDが下がる・・・ ̄m ̄ ふふ
今年はどうなるか分かりませんが楽しみですね。
(実は私もこっそり口座を開いて入金も済ませてじっと待ってます♪)


最後に・・・。
今回の記事を書くにあたりお世話になった方を紹介しておきます。

まず、読者で既にフォワード取引を実践されている魚屋さん
私がまだフォワード取引についてほとんど分かっていない時に
毎日のようにブログを訪れ、初心者のような質問をしつこくしたにも関わらず、嫌な顔もせず
丁寧に答えてくれました。

本当にありがとうございました。


それからUSD/HKD博士のRyuさん

資料などを提供していただいて、私に香港ドルについていろいろと教えてくださいました。
博士は、先日東京でセミナーの講師もされたそうで、USD/HKDで年収を超えるほど儲けておられるそうです。
さらに、そのセミナー内容をこうして記事にすることも快く了承していただきました。
そしてなんと、そのセミナー内容はそのうち販売されることになったらしいです!!
(それなのに記事にさせてくださったんですよ~。大感謝です。)
今日の記事はそれだけの価値があるってことです!!
もちろん、私がすごいのではありませんよ(^^;)

Ryuさん、本当にありがとうございました。


関連記事:「フォワード取引について①」(過去記事)
関連記事:「フォワード取引について②」(過去記事)
関連記事:「フォワード取引について④~値洗い方式って何!?」(続き記事)


今日の記事が参考になった方はランキングの応援よろしくです♪
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキング



ランキングの応援してくれると、実はとってもうれしいです。→ →   人気blogランキングへ
スワップ派の情報ならこっちにもいろいろありますよ。→→スワップ派のブログランキングへ
「FXでスワップ生活を目指そう」の歩き方~FX初心者の方へ~
まずは左側のカテゴリ「FXの基本」を全て読んで下さい。分からない事があればいつでもコメントして下さい。恥ず
   かしい方は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れれば大丈夫ですよ。
その後、自分にあったFX業者を選びます。
   「スワップ派のFX業者比較」「スワップ派の通貨の選び方」を読んで参考にしてみて下さい。
全部読むのはめんどくさ~い!という人は、右側に私が使用しているFX業者を掲載しているので、まずはその中か
   ら適当に選んでもいいかも。
説明よりはまず実践!!という人は、デモ口座を開いて実践してみて下さい。FX Onlineなんてどうでしょう?
少し慣れてきたら、「私のFX投資方法」以下のカテゴリを読んでみてください。(「FXの税金」は後回しでいいか
   も。)「FXいろいろシミュレーション」は結構おもしろいですよ♪
おすすめ記事
◆スワップ生活の最低条件
◆FXの複利運用で資金はいくらに・・・?
◆複利投資法の1億達成比較!
◆トルコリラ複利運用に最適な業者比較
◆お知らせ◆
このブログの内容をまとめたサイト「FX初心者の為の外国為替講座~スワップ派で楽して稼ごう編~」を作成しました。(というか少しずつ作成している途中ですが・・・(^^;))
ブログよりもまとまっていると思いますので、良かったら見てみてください。
(昔からこのブログを見てくれている人は別に必要ないかも(笑))

フォワード取引について②

前回、フォワード取引の概要を少し述べましたが、
今回はフォワード取引とUSD/HKDについて書いてみます。
(フォワード取引はSVC證券で扱っています。)

まず、USD/HKDについてですが、
以前にも記事に何度か書いたことがあるのですが、
少しだけまとめておくと、


◆ドルペッグ制を採用しており、非常に為替変動が少ない
◆USD/HKDのレートは7.75~7.85に固定されている
◆通常は買いポジションでプラススワップだが、たまにマイナススワップになる
◆スワップの変動が激しい


****************************過去の関連記事******************************

◆ 円高に影響されないUSD/HKD

※他にもあるけど、合成USD/HKDについてなので、とりあえず↑だけ見ればいいかも。

************************************************************************


ここで、フォワード取引のメリットですが。

スワップが固定で受け取れる

何より、これがメリットです。

USD/HKDでなくても、スワップは、日々変動をするわけですが、
ドル/円やユーロ/円などのメジャー通貨であれば、
政策金利や円高・円安などの影響を受けるぐらいで
毎日そんなに変動するわけではありません。

でも、先日私が被害を被ったアイスランドクローナなどのマイナー通貨や
USD/HKDなどのペッグ制通貨などは、
その他の様々な要件によりスワップが変動します。

そういう場合、現在のスワップ金額で、将来もらうスワップ金額を確定出来れば
少なくともスワップ変動のリスクから開放されます。


つまり・・・。
先ほどのUSD/HKDのメリットと、フォワード取引のメリットを組み合わせれば、
ドルペッグ制で為替変動リスクを抑え、フォワード取引でスワップの変動を抑えるという、
スワップ派としては非常に美味しいポジションが出来上がります。

ただし、スワップが低いときに固定してしまうと、
もちろん損をしますので、フォワード取引はタイミングが大切です。


それでは、言葉だけでは分かりにくいので、
今回も実際の取引画面を見ながら考えて見ます。

↓の図は、実際のSVC證券のフォワード取引画面です。
前回は分かりやすくユーロ/円で見てみましたが、
今回はUSD/HKDでの取引を想定して見てみます。
(昨日とった画像を使用しています)

フォワード取引画面2

(クリックすると大きくなります。)


現在のUSD/HKDの買いレートは7.8091です。
(スポット価格)

先渡し日を半年後とすると、その間のスワップを加味した買いレートは7.78323となります。
(黄色いところです。現在は取引が出来ない時間帯なので黄色くなっています。)

アスクのスワップレートを見ると-0.02587となっていますね。
これが、半年間のスワップ分となります。
0.02587HKD×10000通貨=258.7
つまり、半年間のスワップは、USD/HKD1万通貨あたり258.7HKDとなります。

現在の香港ドル/円のレートが13.685なので
13.685×258.7=3540.3円
約3540円が半年間のスワップとなります。

これを日割りすると
3540円÷180=19.666円となり
1日あたり約20円のスワップがもらえる、ということですね。

ちなみに・・・
普通にUSD/HKDを取引した時の現在のスワップは、
1万通貨あたり1.29HKDとなっています。
SVC證券のスワップ参照)
1HKDを13.685円とすると
13.685円×1.29HKD=17.65円

となり、多少フォワード取引時のスワップの方が高くなります。
もちろん、今から半年間、ずっと17.65円というわけではないので、
現時点でフォワード取引をした方が良いというわけではありません。


それでは、いつだったらフォワード取引が有効なのか・・・。
それについては、香港ドルの過去の値動きやスワップの推移、
そして香港ドルのスワップの決まり方など、
もう少し詳しい話が必要になりそうなので、
また次回にしますね。


関連記事:「フォワード取引について①」(過去記事)
関連記事:「フォワード取引について③~USD/HKDの秘密」(続き記事)
関連記事:「フォワード取引について④~値洗い方式って何!?」(続き記事)

今日の記事が参考になった方はランキングの応援よろしくです♪
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキング



ランキングの応援してくれると、実はとってもうれしいです。→ →   人気blogランキングへ
スワップ派の情報ならこっちにもいろいろありますよ。→→スワップ派のブログランキングへ
「FXでスワップ生活を目指そう」の歩き方~FX初心者の方へ~
まずは左側のカテゴリ「FXの基本」を全て読んで下さい。分からない事があればいつでもコメントして下さい。恥ず
   かしい方は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れれば大丈夫ですよ。
その後、自分にあったFX業者を選びます。
   「スワップ派のFX業者比較」「スワップ派の通貨の選び方」を読んで参考にしてみて下さい。
全部読むのはめんどくさ~い!という人は、右側に私が使用しているFX業者を掲載しているので、まずはその中か
   ら適当に選んでもいいかも。
説明よりはまず実践!!という人は、デモ口座を開いて実践してみて下さい。FX Onlineなんてどうでしょう?
少し慣れてきたら、「私のFX投資方法」以下のカテゴリを読んでみてください。(「FXの税金」は後回しでいいか
   も。)「FXいろいろシミュレーション」は結構おもしろいですよ♪
おすすめ記事
◆スワップ生活の最低条件
◆FXの複利運用で資金はいくらに・・・?
◆複利投資法の1億達成比較!
◆トルコリラ複利運用に最適な業者比較
◆お知らせ◆
このブログの内容をまとめたサイト「FX初心者の為の外国為替講座~スワップ派で楽して稼ごう編~」を作成しました。(というか少しずつ作成している途中ですが・・・(^^;))
ブログよりもまとまっていると思いますので、良かったら見てみてください。
(昔からこのブログを見てくれている人は別に必要ないかも(笑))

FX業者の見極め方

前回、スワップ派のリスクについてまとめてみましたが、
(「スワップ派のリスクとは」参照)
いろんな方からアドバイスをいただきました(*^^*)
皆様、ありがとうございました♪

私的には、そうやってみんながいろんな知識を寄せ集め
全体的にレベルが上がっていくのは非常にうれしい限りです。

さて、今日はその中からFX業者が潰れるリスクの対策として、
「FX業者の見極め方」 についてまとめてみたいと思います。


FX業者を見るときのポイントをまとめてみました。


1.自己資本規制比率

これは何度か取り上げた事もあったかと思いますが、FX業者の健全性を示す指標です。
簡単に言うと、リスク相当額に対する自己資本金の大きさを割合として表したものです。
(厳密には、「固定化されいていない自己資本金額」とされています。)

金融商品取引業者は、自己資本規制比率が120%以上保つことが義務付けられています。

ただし、もちろん120%ギリギリでは危険なので、ある程度上のラインをキープしている業者
が望ましいと思われます。
常に250%以上が最低基準ラインとのアドバイスもいただきました。)
また、自己資本規制比率が下降していっている場合は注意 したほうが良いかもしれません。

関連リンク

FX業者の自己資本規制比率


2.信託保全の有無

これも過去に出てきていますが、信託保全とは、分別管理の1つの方法となります。
よく「分別管理しています」と書いていても、これは信託保全と同じではありません。分別管理は現在金融商品取引業者すべてに義務付けられています。
その分別管理の中でも、信託銀行にお金を分別管理しているのが、「信託保全している」という状態です。

ただし、信託保全されていると書かれていても、 上限が決まっていたり、
保証対象が円に限定されている場合
もあります。
また、ヒロセ通商 のように、FX2(ミニ)は信託保全されているけどLIONFXはされていない、
というように同じ会社の中でも信託保全されているシステムとされていないシステムがあったりもします。
そのあたりはご注意くださいね。


3.信託保全先の安全度

これは、新銀行東京の件で何度か出てきましたね(^^;)
いくら信託保全されていても、その信託先は大丈夫なのかということです。

ヒロセ通商 の信託先が新銀行東京からOCBC証券に変更になりますが、
ヒロセのHPに「ムーディーズ格付けでもAa3と世界的に最も信用度の高い金融機関の一つです。」
と書かれています。

ムーディーズは世界でも有名な格付け機関なので、
そういった専門家の格付けを確認することも、信託先の安全を確かめる1つの方法となります。
(新銀行の場合は、ニュースなどでバンバン流れていたので分かりやすかったですが(^^;))

ちなみに、見方はAaa1、Aaa2、Aaa3、Aa1・・・、A3、Baa1、Baa2・・・、B3、Caa1、Caa2・・・、C(最低ランク)
となります。
つまりAが多いほど、数字が小さいほど、格付けが高 ということになります。
なので、確かにAa3というのは結構高いほうですね。

また、ムーディーズの他にも有名な格付け機関としてスタンダード&プアーズがありますが、
スタンダード&プアーズでは、数字ではなく「+」や「-」が付きます。
例の新銀行東京は、2008年現在、長期格付けがBBB-となっています。
危険地帯ですね・・・(^^;)

関連リンク
ムーディーズ
スタンダード&プアーズ



4.証券監視委員会による臨店検査の経過

これは、ブログ読者さんのryuさんに教えていただきました。
ryuさん、本当にありがとうございました。

昨年10月から、証券監視委員会によるFX業者への臨店検査が行われています。
この検査の期間も、FX業者を見るポイントとなるそうです。

FX専業業者の場合、規模が大きくても30日以内で検査が終了するのが原則だそうです。
短期間で終了している場合は、全く問題なしの場合と、明らかに問題点が見つかった場合
(ただし、その問題点以外のOKという場合)だそうです。

つまり、不適格事項が多い場合は検査機関が長くなる そうです。


関連リンク
FX業者に関する臨店検査状況




↑を見ると、確かにJNSはめっちゃ長いですね・・・。
検査が終わった段階で、これを知っていれば、もっと早くに危険が察知出来ていたわけですね~・・・。


と、こんな感じになりました。
これから業者を選ばれる方は、ぜひ参考にしてみて下さい。
また、「他にもこんなポイントがあるよ~。」なんて知っている方は、ぜひ教えてくださいね。

ちなみに・・・。
私が使っている業者や、トルコリラなどでよく取り上げている業者を確認してみましたが、
(ほんとはもっとたくさんの業者について調べたかったんですが、記事書くのに疲れました・・・(^^;)
たま~に他の業者を調べたらこのページに追加していきますね。)

 FX業者名

自己資本
規制比率

信託先 

臨店検査 

 セントラル短資

 457%

 三井住友銀行  未
 FX Online

 866%

 三井住友銀行  2007年11月済み(30日以内)
 ヒロセ通商

 320%

 OCBC証券(FX2とFX2ミニ)  2007年11月済み(30日以内)
 アストマックスFX

 533%

 日証金信託銀行  2007年11月済み(30日以内)
 kakakuFX

 459%

 三井住友銀行  2008年1月済み(30日以内)

最近、信託先が新銀行東京のところは、どんどん他の信託先に変わっていってるようです。
いつの間にか、私の使用しているところも全て新銀行東京ではなくなりました!

セントラル短資 は検査がまだみたいですが
(きっとセントラルは大丈夫だと信じています・・・(-m-;))
それ以外のところは全体的に、結構優秀でした♪
良かった・・・(*´∇`*)



今日の記事が参考になった方はランキングの応援よろしくです♪
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキング



ランキングの応援してくれると、実はとってもうれしいです。→ →   人気blogランキングへ
スワップ派の情報ならこっちにもいろいろありますよ。→→スワップ派のブログランキングへ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。