FXスワップ派の基本

スワップ派のFX業者比較

スワップ派の通貨の選び方

FXの税金

私のFX投資方法

今月のFX実績

FXお役立ちブログパーツ

FXひと休みコラム

FXスワップ派シミュレーション

読者からのコメント

お知らせ

FX本の書評





最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

「FXでスワップ生活を目指そう」の歩き方~FX初心者の方へ~
まずは左側のカテゴリ「FXの基本」を全て読んで下さい。分からない事があればいつでもコメントして下さい。恥ず
   かしい方は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れれば大丈夫ですよ。
その後、自分にあったFX業者を選びます。
   「スワップ派のFX業者比較」「スワップ派の通貨の選び方」を読んで参考にしてみて下さい。
全部読むのはめんどくさ~い!という人は、右側に私が使用しているFX業者を掲載しているので、まずはその中か
   ら適当に選んでもいいかも。
説明よりはまず実践!!という人は、デモ口座を開いて実践してみて下さい。FX Onlineなんてどうでしょう?
少し慣れてきたら、「私のFX投資方法」以下のカテゴリを読んでみてください。(「FXの税金」は後回しでいいか
   も。)「FXいろいろシミュレーション」は結構おもしろいですよ♪
おすすめ記事
◆スワップ生活の最低条件
◆FXの複利運用で資金はいくらに・・・?
◆複利投資法の1億達成比較!
◆トルコリラ複利運用に最適な業者比較
◆お知らせ◆
このブログの内容をまとめたサイト「FX初心者の為の外国為替講座~スワップ派で楽して稼ごう編~」を作成しました。(というか少しずつ作成している途中ですが・・・(^^;))
ブログよりもまとまっていると思いますので、良かったら見てみてください。
(昔からこのブログを見てくれている人は別に必要ないかも(笑))

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングの応援してくれると、実はとってもうれしいです。→ →   人気blogランキングへ
スワップ派の情報ならこっちにもいろいろありますよ。→→スワップ派のブログランキングへ
「FXでスワップ生活を目指そう」の歩き方~FX初心者の方へ~
まずは左側のカテゴリ「FXの基本」を全て読んで下さい。分からない事があればいつでもコメントして下さい。恥ず
   かしい方は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れれば大丈夫ですよ。
その後、自分にあったFX業者を選びます。
   「スワップ派のFX業者比較」「スワップ派の通貨の選び方」を読んで参考にしてみて下さい。
全部読むのはめんどくさ~い!という人は、右側に私が使用しているFX業者を掲載しているので、まずはその中か
   ら適当に選んでもいいかも。
説明よりはまず実践!!という人は、デモ口座を開いて実践してみて下さい。FX Onlineなんてどうでしょう?
少し慣れてきたら、「私のFX投資方法」以下のカテゴリを読んでみてください。(「FXの税金」は後回しでいいか
   も。)「FXいろいろシミュレーション」は結構おもしろいですよ♪
おすすめ記事
◆スワップ生活の最低条件
◆FXの複利運用で資金はいくらに・・・?
◆複利投資法の1億達成比較!
◆トルコリラ複利運用に最適な業者比較
◆お知らせ◆
このブログの内容をまとめたサイト「FX初心者の為の外国為替講座~スワップ派で楽して稼ごう編~」を作成しました。(というか少しずつ作成している途中ですが・・・(^^;))
ブログよりもまとまっていると思いますので、良かったら見てみてください。
(昔からこのブログを見てくれている人は別に必要ないかも(笑))

強くなる国に投資する

円安がとまらないですね。
これから通貨を買う方は、今はなかなか手を出せなくて困っているのでは・・・。

そういう私も、円安のため、どんどん決済していったため
口座にポジションが少なくなって、通貨買いたい病に悩んでいます・・・(笑)

もちろん、円高のタイミングで通貨を購入できれば良いのですが、
もしかしたら、1年後にはもっと円安が進んでいて、
「1年前に買っておけば良かった・・・」
と思うかもしれません。

ということは、円安の今でも、
これからもっと高くなるであろう通貨を買えばいいということですよね。


「今後強くなるであろう国の通貨を買う」

これって、ものすごくシンプルな考え方ですが
とても大事なことだと私は思っています。

スワップ派は、どうしても金利の高さにだけ目がいってしまいがちですが、
投資の本質は、高くなるものに投資するということですよね。

私はスワップ派でも、この考え方は忘れてはいけないのではと思っています。

スワップ派にとって、為替差益はおまけですが、
ロスカットに合わないためには、今よりも高くなる通貨のほうがいいに決まっているからです。

例えば日本を考えたときにどうでしょう?
あなたは今後の日本ってどうなっていくと思いますか?

最近の年金問題や少子化問題など、
日本の将来には不安がいっぱいです。

経済のことなどほとんど知らない私でもそう思ってしまいます。

もちろん、50年後とか100年後とか、遠い未来では、
日本もどう変わっているかわかりませんが、
10年後や20年後の近い将来では、そういった問題が解決しているとは思えません。

老人が増え、介護問題があふれ、
子供は少なく、年金はもらえず
街にはフリーターがあふれて・・・
なんていう未来を想像してしまいます。
(ちょっと大げさ?)

ということは、近い将来、円がものすごく強くなることはないのではないでしょうか?
(完全に感覚のみで話しています。あまり参考にはしないでくださいね・・・(^^;))

ということは、逆にこれから強くなるであろう国に投資をしていくと、
たとえ今が円安でも、その通貨がもっと高くなっていけば
スワップ派安泰というわけですね。

いくらスワップが高くても、これからどんどんレートが下がっていく通貨だと
いつかロスカットになってしまうかもしれないですからね。

ちなみに、円がどんどん強くなっていく時代もあったんですよ。
実は円は最初1ドル360円だったんです。
メチャメチャ円安ですよね。

最初に円とアメリカドルのレートを定めたのは1949年だったようです。
その後、このレートは22年間固定され、
1973年から変動相場制となり、今にいたったようです。

その後、たった20年ちょっとで円はどんどん強くなり、
1995年には1ドル85円ぐらいまで円高になりました。
(この時にもしドルを持っていたら即死でしたね・・・笑)

この時代、きっと日本はとても勢いがあり、
どんどん成長していった時代だったのでしょうね。

それからは円安になったり円高になったりしながら、
今の120円前後にいたっているわけです。

こうやって見てみると、
国の成長や経済の変化なども、ちょっとおもしろいですね。


ちょっと話がそれましたが、そういうわけで、
次回からは遠い将来に強くなるであろう通貨について
いろいろ調べていきたいと思います。


この記事には続きがあります。
今後のFX注目通貨-ユーロ
今後のFX注目通貨-ロシアルーブル
今後のFX注目通貨-南アフリカランド
今後のFX注目通貨-トルコリラ

スポンサーサイト


ランキングの応援してくれると、実はとってもうれしいです。→ →   人気blogランキングへ
スワップ派の情報ならこっちにもいろいろありますよ。→→スワップ派のブログランキングへ
「FXでスワップ生活を目指そう」の歩き方~FX初心者の方へ~
まずは左側のカテゴリ「FXの基本」を全て読んで下さい。分からない事があればいつでもコメントして下さい。恥ず
   かしい方は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れれば大丈夫ですよ。
その後、自分にあったFX業者を選びます。
   「スワップ派のFX業者比較」「スワップ派の通貨の選び方」を読んで参考にしてみて下さい。
全部読むのはめんどくさ~い!という人は、右側に私が使用しているFX業者を掲載しているので、まずはその中か
   ら適当に選んでもいいかも。
説明よりはまず実践!!という人は、デモ口座を開いて実践してみて下さい。FX Onlineなんてどうでしょう?
少し慣れてきたら、「私のFX投資方法」以下のカテゴリを読んでみてください。(「FXの税金」は後回しでいいか
   も。)「FXいろいろシミュレーション」は結構おもしろいですよ♪
おすすめ記事
◆スワップ生活の最低条件
◆FXの複利運用で資金はいくらに・・・?
◆複利投資法の1億達成比較!
◆トルコリラ複利運用に最適な業者比較
◆お知らせ◆
このブログの内容をまとめたサイト「FX初心者の為の外国為替講座~スワップ派で楽して稼ごう編~」を作成しました。(というか少しずつ作成している途中ですが・・・(^^;))
ブログよりもまとまっていると思いますので、良かったら見てみてください。
(昔からこのブログを見てくれている人は別に必要ないかも(笑))

相関係数でリスクヘッジ!

今日は、スワップ派のリスクヘッジについて考えてみたいと思います。

スワップ派にとって、持っているポジションがロスカットにあってしまうのが
1番こわいことですよね。

ロスカットを避けるためには、
レバレッジを低くして、為替の変動に耐えるという方法は、
結構一般的で、皆さんいろいろ考えているのではないでしょうか?

それ以外にも、リスクヘッジの方法はいろいろあります。

そのうちの1つに
通貨を複数保有して、為替差損を小さくするという方法があります。

例えば、ドル円とポンド円を所有していたとします。
ドルがどんどん下がって行って、ドル円の含み損が大きくなっていったとします。
でも、ポンドがどんどん上がっていけば?
ドル円の含み損をポンド円の含み益が吸収してくれるので
ロスカットされないですよね?
(実際にはドル円とポンド円は似たような動きをしますが・・・)


このように、逆の動きをする通貨を保有することで
為替の変動に耐えることができるのです。

その場合、もちろん為替差益は少なくなりますが
スワップ派としては、ポジションを保有し続けてスワップをもらう事が目的なので
為替差益は重視しなくてもいいですよね?
(出来れば為替差益も欲しいですが・・・)


この「同じ動きをする」とか「違う動きをする」というのを表すのが相関係数です。

相関係数とは、2種類のデータの類似性を示す指標です。
つまり、2種類の通貨ペアがどれだけ同じ動きをしているのか
または逆の動きをするのかを示す値なのです。

相関係数は、-1から1の値で表され、
1に近い場合は正の相関、
-1に近い場合は負の相関があるということになります。
正の相関は同じような動きをすることを意味し、
負の相関は逆の動きをすることを意味します。

つまり、-1に近ければ、その通貨は逆の動きをすることになります。


下に、セントラル短資 が出している各通貨の相関係数をのせてみました。

過去200日分の相関係数です。
赤字は買いでプラススワップになるポジションです。
青字はマイナスの相関係数です。





---日本円 クロス---

通貨ペア USD
JPY
EUR
JPY
GBP
JPY
AUD
JPY
CAD
JPY
NZD
JPY
CHF
JPY
ZAR
JPY
HKD
JPY
USD
JPY
1.00 0.69 0.79 0.72 0.69 0.75 0.61 0.66 0.99
EUR
JPY
  1.00 0.94 0.96 0.59 0.97 0.97 0.84 0.63
GBP
JPY
    1.00 0.92 0.53 0.93 0.94 0.88 0.75
AUD
JPY
      1.00 0.69 0.98 0.91 0.80 0.67
CAD
JPY
        1.00 0.68 0.50 0.43 0.69
NZD
JPY
          1.00 0.92 0.80 0.69
CHF
JPY
            1.00 0.86 0.56
ZAR
JPY
              1.00 0.64
HKD
JPY
                1.00

※各通貨の過去200営業日の終値から相関係数を算出しております。



これを見ると、やはりクロス円通貨は同じような動きをしていますね。
すべて結構高い正の相関です。
ということはクロス円ばかり持っていると、円高になるとえらい目にあいます・・・。



---米ドル ストレート---

通貨ペア USD
JPY
EUR
USD
GBP
USD
AUD
USD
USD
CAD
NZD
USD
USD
CHF
USD
ZAR
USD
HKD
USD
JPY
1.00 0.26 0.40 0.48 -0.34 0.56 0.31 -0.30 0.55
EUR
USD
  1.00 0.91 0.91 -0.27 0.90 -0.80 -0.73 0.63
GBP
USD
    1.00 0.85 -0.11 0.86 -0.68 -0.80 0.59
AUD
USD
      1.00 -0.46 0.97 -0.56 -0.67 0.65
USD
CAD
        1.00 -0.44 0.00 0.04 -0.12
NZD
USD
          1.00 -0.51 -0.64 0.68
USD
CHF
            1.00 0.60 -0.20
USD
ZAR
              1.00 -0.33
USD
HKD
                1.00


※USDZAR,USDHKDは理論値を基に算出しています。


例えば、ドル円を持っている場合に有効な組み合わせとしては
負の相関でプラススワップのUSD/CADということになります。


---ユーロ クロス---

通貨ペア EUR
JPY
EUR
USD
EUR
GBP
EUR
CHF
EUR
JPY
1.00 0.87 0.29 0.96
EUR
USD
  1.00 0.53 0.79
EUR
GBP
    1.00 0.32
EUR
CHF
      1.00


ユーロ円を持っている場合は、
同じような動きをする(正の相関)EUR/USDを売れば
スワップもプラスになるのでいいかもしれません。



---ポンド クロス---

通貨ペア GBP
JPY
GBP
USD
EUR
GBP
GBP
CHF
GBP
JPY
1.00 0.87 -0.02 0.91
GBP
USD
  1.00 0.13 0.68
EUR
GBP
    1.00 -0.33
GBP
CHF
      1.00


ポンド円を持っている場合は
EUR/GBPがかろうじて負の相関ですが
マイナススワップなのでイマイチですね。
しかも負の相関といっても、すごく値が小さいですし・・・。


---スイス クロス---

通貨ペア CHF
JPY
USD
CHF
EUR
CHF
GBP
CHF
CHF
JPY
1.00 -0.55 0.88 0.71
USD
CHF
  1.00 -0.28 0.06
EUR
CHF
    1.00 0.77
GBP
CHF
      1.00


スイス/円を持っている場合は
USD/CHFを買えば、スワップもプラスでいいんですが
スイス自体の金利が少ないので、スワップ派の人はあまり持っていないですかね・・・?


と、通貨の組み合わせを考える際に、いろいろと参考してみてはどうでしょう?

ちなみに、データはセントラル短資 マーケット情報のところに掲載されています。
でも・・・。
残念ながらセントラル短資 では
この表にのっている全ての通貨ペアを扱っているわけではないので、
スワップについてはFX-navi を参考にしています。
FX-navi では約150種類の通貨ペアを取り扱っているので、この表の通貨は全て取り扱っていました!)



データ元:セントラル短資オンライントレード



この記事には関連記事があります→→→「メルマガ発行のお知らせ



ランキングの応援してくれると、実はとってもうれしいです。→ →   人気blogランキングへ
スワップ派の情報ならこっちにもいろいろありますよ。→→スワップ派のブログランキングへ
「FXでスワップ生活を目指そう」の歩き方~FX初心者の方へ~
まずは左側のカテゴリ「FXの基本」を全て読んで下さい。分からない事があればいつでもコメントして下さい。恥ず
   かしい方は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れれば大丈夫ですよ。
その後、自分にあったFX業者を選びます。
   「スワップ派のFX業者比較」「スワップ派の通貨の選び方」を読んで参考にしてみて下さい。
全部読むのはめんどくさ~い!という人は、右側に私が使用しているFX業者を掲載しているので、まずはその中か
   ら適当に選んでもいいかも。
説明よりはまず実践!!という人は、デモ口座を開いて実践してみて下さい。FX Onlineなんてどうでしょう?
少し慣れてきたら、「私のFX投資方法」以下のカテゴリを読んでみてください。(「FXの税金」は後回しでいいか
   も。)「FXいろいろシミュレーション」は結構おもしろいですよ♪
おすすめ記事
◆スワップ生活の最低条件
◆FXの複利運用で資金はいくらに・・・?
◆複利投資法の1億達成比較!
◆トルコリラ複利運用に最適な業者比較
◆お知らせ◆
このブログの内容をまとめたサイト「FX初心者の為の外国為替講座~スワップ派で楽して稼ごう編~」を作成しました。(というか少しずつ作成している途中ですが・・・(^^;))
ブログよりもまとまっていると思いますので、良かったら見てみてください。
(昔からこのブログを見てくれている人は別に必要ないかも(笑))

エルトゥールル号の遭難

今日は、私がトルコリラを買うようになった理由です。
多分、あまり参考にはなりませんが
ぜひ、紹介したいお話があったので、ブログに掲載することにしました。

多分知っている人も多いのではないでしょうか。
「エルトゥールル号の遭難」のお話。

ちょっと長いですが、ぜひ読んでみてくださいね。


『和歌山県の南端に大島がある。その島の東には灯台がある。
石造りでは日本でいちばん古い。
明治3年(1870年)にできた樫野崎灯台。
今も断崖の上に建っている。
びゅわーんびゅわーん、猛烈な風が灯台を打つ。
どどどーんどどどーん、波が激しく断崖を打つ。
台風が大島を襲った。明治23年9月16日の夜であった。


午後九時ごろ、 どどかーんと、風と波をつんざいて、
真っ暗な海のほうから音がした。
灯台守(逓信技手)は、はっきっりとその爆発音を聞いた。


「何か大変なことが起こらなければいいが」
灯台守は胸騒ぎがした。しかし、風と、岩に打ちつける波の音以外は、もう、何も聞こえなかった。


 このとき、台風で進退の自由を失った木造軍艦が、
灯台のほうに押し流されてきた。
全長76メートルもある船。
しかし、まるで板切れのように、風と波のカでどんどん近づいてくる。


あぶない!
灯台のある断崖の下は「魔の船甲羅」と呼ばれていて、
海面には、岩がにょきにょき出ている。
ぐぅぐぅわーん、ばりぱり、ばりばりばり。
船は真っ二つに裂けた。
その瞬間、エンジンに海水が入り、大爆発が起きた。
この爆発音を灯台守が聞いたのだった。
乗組員は海に放つ出され、波にさらわれた。
またある者は自ら脱出した。


真っ暗な荒れ狂う海。
どうすることもできない。
波に運ばれるままだった。そして、岩にたたきつけられた。

灯台守はこの人を見て驚いた。
服がもぎ取られ、ほとんど裸同然であった。
顔から血が流れ、全身は傷だらけ、ところどころ真っ黒にはれあがっていた。
灯台守は、この人が海で遭難したことはすぐわかった。
 「この台風の中、岩にぶち当たって、よく助かったものだ」と感嘆した。
 「あなたのお国はどこですか」
 「……」
言葉が通じなかった。
それで「万国信号書」を見せて、初めてこの人はトルコ人であること、船はトルコ軍艦であることを知った。
また、身振りで、多くの乗組員が海に投げ出されたことがわかった。
 「この乗組員たちを救うには人手が要る」
傷ついた水兵に応急手当てをしながら、灯台守はそう考えた。
 「樫野の人たちに知らせよう」
灯台からいちばん近い、樫野の村に向かって駆けだした。
電灯もない真っ暗な夜道。人が一人やっと通れる道。
灯台守は樫野の人たちに急を告げた。


 灯台にもどると、十人ほどのトルコ人がいた。
全員傷だらけであった。
助けを求めて、みんな崖をよじ登ってきたのだった。
この当時、樫野には50軒ばかりの家があった。
船が遭難したとの知らせを聞いた男たちは、総出で岩場の海岸に下りた。
だんだん空が白んでくると、海面にはおびただしい船の破片と遺体が見えた。
目をそむけたくなる光景であった。

村の男たちは泣いた。
遠い外国から来て、日本で死んでいく。
男たちは胸が張っ裂けそうになった。
 「一人でも多く救ってあげたい」
しかし、大多数は動かなかった。一人の男が叫ぶ。
 「息があるぞ!」
だが触ってみると、ほとんど体温を感じない。
村の男たちは、自分たちも裸になって、乗組員を抱き起こした。
自分の体温で彼らを温めはじめた。
 「死ぬな!」
 「元気を出せ!」
 「生きるんだ!」
村の男たちは、我を忘れて温めていた。
次々に乗組員の意識がもどった。
船に乗っていた人は六百人余り。
そして、助かった人は六十九名。
この船の名はエルトゥールル号である。


助かった人々は、樫野の小さいお寺と小学校に収容された。
当時は、電気、水道、ガス、電話などはもちろんなかった。
井戸もなく、水は雨水を利用した。サツマイモやみかんがとれた。
漁をしてとれた魚を、対岸の町、
串本で売ってお米に換える貧しい生活だ。
ただ各家庭では、にわとりを飼っていて、非常食として備えていた。

 このような村落に、六十九名もの外国人が収容されたのだ。
島の人たちは、生まれて初めて見る外国人を、
どんなことをしても、助けてあげたかった。
だが、どんどん蓄えが無くなっていく。
ついに食料が尽きた。
台風で漁ができなかったからである。
 「もう食ぺさせてあげる物がない」
 「どうしよう!」
一人の婦人が言う。
 「にわとりが残っている」
 「でも、これを食べてしまったら……」
 「お天とうさまが、守ってくださるよ」

女たちはそう語りながら、最後に残ったにわとりを料理して、
トルコの人に食べさせた。


こうして、トルコの人たちは、一命を取っ留めたのであった。
また、大島の人たちは、遺体を引き上げて、丁重に葬った。

 このエルトゥールル号遭難の報は、和歌山県知事に伝えられ、そして明治天皇に言上された。
明治天皇は、直ちに医者、看護婦の派遣をなされた。
さらに礼を尽くし、生存者全員を軍艦「比叡」「金剛」に乗せて、
トルコに送還なされた。
このことは、日本じゅうに大きな衝撃を与えた。
日本全国から弔慰金が寄せられ、トルコの遭難者家族に届けられた。

次のような後日物語がある。
イラン・イラク戦争の最中、1985年3月17日の出来事である。
イラクのサダム・フセインが、
 「今から48時間後に、イランの上空を飛ぶすべての飛行機を撃ち落とす」
と、無茶苦茶なことを世界に向けて発信した。
日本からは企業の人たちやその家族が、イランに住んでいた。
その日本人たちは、あわててテヘラン空港に向かった。
しかし、どの飛行機も満席で乗ることができなかった。
世界各国は自国の救援機を出して、救出していた。
日本政府は素早い決定ができなかった。
空港にいた日本人はパニック状態になっていた。

そこに、二機の飛行機が到着した。
トルコ航空の飛行機であった。
日本人215名全員を乗せて、成田に向けて飛び立った。
タイムリミットの1時間15分前であった。

なぜ、トルコ航空機が来てくれたのか、
日本政府もマスコミも知らなかった。

前・駐日トルコ大使、ネジアティ・ウトカン氏は次のように語られた。
 「エルトゥールル号の事故に際し、
大島の人たちや日本人がなしてくださった献身的な救助活動を、
今もトルコの人たちは忘れていません。
私も小学生のころ、歴史教科書で学びました。
トルコでは、子供たちでさえ、
エルトゥールル号のことを知っています。
今の日本人が知らないだけです。
それで、テヘランで困っている日本人を助けようと、
トルコ航空機が飛んだのです」


文・のぷひろとしもり   絵・ぱばのりこ 』



この話、どう思いますか?
私はめちゃめちゃ感動してしまい、
いきなりトルコが好きになってしまいました・・・(笑)

それまで、高金利とは知っていたけど
政情的に不安定と言われていたので、
ちょっと迷っていました。

で、どうしてもトルコリラが欲しくなり
トルコリラを取り扱っている業者を調べて
速攻で購入してしまったわけです(笑)


会社の先輩には「そんなことで・・・」とあきれられましたが
株とかでもいいますよね?
自分の好きな会社に投資するって。

私は国でも同じかなと思っていて
長期的に考えるのであれば、
自分が好きな国や、これから伸びていくであろう国へ
投資をするものだと思っています。

ということで、論理的ではないかもしれないけど
そんな買い方もありかなあと私は思います。



トルコリラの取扱業者についてはこちら→「トルコリラ取扱業者比較

ランキングの応援してくれると、実はとってもうれしいです。→ →   人気blogランキングへ
スワップ派の情報ならこっちにもいろいろありますよ。→→スワップ派のブログランキングへ
「FXでスワップ生活を目指そう」の歩き方~FX初心者の方へ~
まずは左側のカテゴリ「FXの基本」を全て読んで下さい。分からない事があればいつでもコメントして下さい。恥ず
   かしい方は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れれば大丈夫ですよ。
その後、自分にあったFX業者を選びます。
   「スワップ派のFX業者比較」「スワップ派の通貨の選び方」を読んで参考にしてみて下さい。
全部読むのはめんどくさ~い!という人は、右側に私が使用しているFX業者を掲載しているので、まずはその中か
   ら適当に選んでもいいかも。
説明よりはまず実践!!という人は、デモ口座を開いて実践してみて下さい。FX Onlineなんてどうでしょう?
少し慣れてきたら、「私のFX投資方法」以下のカテゴリを読んでみてください。(「FXの税金」は後回しでいいか
   も。)「FXいろいろシミュレーション」は結構おもしろいですよ♪
おすすめ記事
◆スワップ生活の最低条件
◆FXの複利運用で資金はいくらに・・・?
◆複利投資法の1億達成比較!
◆トルコリラ複利運用に最適な業者比較
◆お知らせ◆
このブログの内容をまとめたサイト「FX初心者の為の外国為替講座~スワップ派で楽して稼ごう編~」を作成しました。(というか少しずつ作成している途中ですが・・・(^^;))
ブログよりもまとまっていると思いますので、良かったら見てみてください。
(昔からこのブログを見てくれている人は別に必要ないかも(笑))

スワップ派にとってのスプレッドとは

最近、私の使用しているFX FX Online Japan のスプレッドが狭くなったようです。
そこで、今日はスワップ派にとってもスプレッドについて考えてみたいと思います。

まず、スプレッドは、FXで通貨を売買する時の、
売値と買値の差のことです。

例えば、ドル/円を購入する場合に、
売値=123.45
買値=123.5
だとすると、その差は0.05ですね。
これがスプレッドです。

ドル円を買ってすぐに売ると、手数料+スプレッド分損をしますよね。
手数料が500円だとすると、スプレッド分の0.05×10000通貨=500円で
合計1000円がマイナスとなります。

つまり、スプレッドとは手数料のようなものです。

私はスワップ派で短期売買は一切しないことに決めているので
スプレッドはほとんど重視していません。
もちろん、あまりに広いスプレッドはどうかと思いますが・・・。

例えばトルコリラは比較的スプレッドが広いようです。
FX-Naviでは0.15(1万通貨なら1500円)
アトランティックでは0.2(1万通貨なら2000円)
となっています。

かなり広いですよね。

だから頻繁に売り買いすると手数料と合わせるとかなり損をします。

私はスワップ派なので、一度買ったポジションは当分持っているため
あまり関係はありませんが、
頻繁にトレードをする方、特にデイトレードなどをされている方は
手数料だけでなく、スプレッドにも注意して取り扱い業者を選ぶべきですね。

手数料無料+スプレッドが狭い業者は、トレード派におすすめです。
ちなみに、ドル円のスプレッドが狭くても、それ以外の通貨だと広い
なんてこともあるので、自分がどの通貨を売買するのかも考える必要があります。

私の使用しているFX業者とその他おすすめのFX業者について
参考までにスプレッドを調べてみました。

1段目がスプレッドで、()内は1万通貨あたりの手数料となります。

  ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 NZ/円 豪ドル/円 南ア/円 トルコリラ/円
セントラル短資 0.05
(500円)
0.05
(500円)
0.08
(500円)
0.07
(500円)
0.05
(500円)
0.06
(50円)
---
FX Online Japan 0.03 0.05 0.09 0.08 0.08 0.08 ---
FX-navi 0.02
(100円)
0.025
(100円)
0.05
(100円)
0.05
(100円)
0.03
(100円)
0.03
(100円)
0.15
(100円)
アトランティック・トレード 0.03 0.04 0.08 0.07 0.06 0.02 0.2

※1万通貨のトルコリラ取引には5米ドルのミニマムチャージがかかるため、
 トルコリラ1万通貨の取引については、手数料無料でミニマムチャージのかからないアトランティック・トレード の方がお得です。


こうやってみると、FX-navi は優秀ですね。
スワップ派としてはトルコリラやアイスランドクローナ(クロス円ではありませんが・・・)
の扱いがあるし、トレード派にとってはスプレッドが安いし。

ただし、トルコリラについては1万通貨単位で取引をするのであれば、ミニマムチャージのかからないアトランティック・トレード のほうがお得です。

スワップ派の人は、そんなに重視しなくても良いかもしれませんが、
多少はトレードもする人や、2つ目の口座としてトレード用の口座を開く人などは
自分がトレードする通貨を1万通貨購入する場合に、最終的にいくら手数料がかかるのかも
大事な業者選びの基準となると思いますので、参考にしてみてください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


ランキングの応援してくれると、実はとってもうれしいです。→ →   人気blogランキングへ
スワップ派の情報ならこっちにもいろいろありますよ。→→スワップ派のブログランキングへ
「FXでスワップ生活を目指そう」の歩き方~FX初心者の方へ~
まずは左側のカテゴリ「FXの基本」を全て読んで下さい。分からない事があればいつでもコメントして下さい。恥ず
   かしい方は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れれば大丈夫ですよ。
その後、自分にあったFX業者を選びます。
   「スワップ派のFX業者比較」「スワップ派の通貨の選び方」を読んで参考にしてみて下さい。
全部読むのはめんどくさ~い!という人は、右側に私が使用しているFX業者を掲載しているので、まずはその中か
   ら適当に選んでもいいかも。
説明よりはまず実践!!という人は、デモ口座を開いて実践してみて下さい。FX Onlineなんてどうでしょう?
少し慣れてきたら、「私のFX投資方法」以下のカテゴリを読んでみてください。(「FXの税金」は後回しでいいか
   も。)「FXいろいろシミュレーション」は結構おもしろいですよ♪
おすすめ記事
◆スワップ生活の最低条件
◆FXの複利運用で資金はいくらに・・・?
◆複利投資法の1億達成比較!
◆トルコリラ複利運用に最適な業者比較
◆お知らせ◆
このブログの内容をまとめたサイト「FX初心者の為の外国為替講座~スワップ派で楽して稼ごう編~」を作成しました。(というか少しずつ作成している途中ですが・・・(^^;))
ブログよりもまとまっていると思いますので、良かったら見てみてください。
(昔からこのブログを見てくれている人は別に必要ないかも(笑))

5月のFX実績

遅くなりましたが、5月の実績です。



  スワップ益 為替差益 保有ポジション
セントラル短資 45,678円 51,300円 ドル/円(2万)
ポンド/円(2万)
南アランド/円(10万)
FX Online Japan 21,979円 0円 ユーロ/円(1万)
ポンド/スイス(1万)
南アランド/円(10万)
FX-navi 約30,000円  0円 トルコリラ/円(2万)
ポンド/リラ(1万)

合計                       約149,000円


今月は、ずっと円安だったため、新しいポジションをたてることも出来ず
決済も1度しかしなかったため、あまり利益は多くなかったです。

といっても、売買をしていないため、チャートを眺めるわけでもなく
購入を悩むわけでもなく、もちろんデイトレードをするわけでもないので、
FXに使った時間はほとんどありません。
(このブログを書くほうがよっぽど時間がかっています・・・笑)

それで、これだけの金利が入るのですから、
FXはやめられないですね。

あとはオセアニア通貨(NZ、豪ドル)を新規でポジションを持ちたいのですが
なかなか買うタイミングがなく、指をくわえて待っている状態です。

ユーロももう少し下がってくれれば追加したいですね~。

その他、狙っているのはやっぱり高金利通貨のアイスランドクローナです。
(まだ見ていない人は「必見!スワップ派に最強の通貨は!?」と「アイスランドクローナ/円の取扱開始!」を見てくださいね)
FX-navi ではEUR/ISKがあるので、もう少し上がったらポジションに加えたいです。

私の計算では、現在の資金で月15万円ぐらいのスワップまではGETできると考えているので、
今月も買うタイミングがあれば、どんどん買っていきたいです!






ランキングの応援してくれると、実はとってもうれしいです。→ →   人気blogランキングへ
スワップ派の情報ならこっちにもいろいろありますよ。→→スワップ派のブログランキングへ
「FXでスワップ生活を目指そう」の歩き方~FX初心者の方へ~
まずは左側のカテゴリ「FXの基本」を全て読んで下さい。分からない事があればいつでもコメントして下さい。恥ず
   かしい方は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れれば大丈夫ですよ。
その後、自分にあったFX業者を選びます。
   「スワップ派のFX業者比較」「スワップ派の通貨の選び方」を読んで参考にしてみて下さい。
全部読むのはめんどくさ~い!という人は、右側に私が使用しているFX業者を掲載しているので、まずはその中か
   ら適当に選んでもいいかも。
説明よりはまず実践!!という人は、デモ口座を開いて実践してみて下さい。FX Onlineなんてどうでしょう?
少し慣れてきたら、「私のFX投資方法」以下のカテゴリを読んでみてください。(「FXの税金」は後回しでいいか
   も。)「FXいろいろシミュレーション」は結構おもしろいですよ♪
おすすめ記事
◆スワップ生活の最低条件
◆FXの複利運用で資金はいくらに・・・?
◆複利投資法の1億達成比較!
◆トルコリラ複利運用に最適な業者比較
◆お知らせ◆
このブログの内容をまとめたサイト「FX初心者の為の外国為替講座~スワップ派で楽して稼ごう編~」を作成しました。(というか少しずつ作成している途中ですが・・・(^^;))
ブログよりもまとまっていると思いますので、良かったら見てみてください。
(昔からこのブログを見てくれている人は別に必要ないかも(笑))

アイスランドクローナ/円の取扱開始!!

アイランドクローナ/円の取扱がヒロセ通商
でとうとう始まるみたいです。

今までアイスランドクローナ/円の取扱は、
私の知る限りではなかったので画期的ですね~!!
EUR/ISKはFX-naviなどで取り扱っていたのですが・・・。
(「必見!スワップ派に最強の通貨は!?」参照)

ちなみに、アイスランドクローナはトルコにつぐ高金利通貨で
金利は14.25%です。
これは過去最高の水準のようです。
トルコリラは現在17.5%なので少し低いですが
現在クロス円として購入できる通貨の中では
2番手にくるのではないでしょうか・・・?

ヒロセ通商では6月25日からデモで取扱をはじめ
準備が出来次第、リアルでも取り扱っていくようです。
今から口座開設をしておくとちょうどいいぐらいですね。
ちなみにヒロセ通商HIROSE-FX2での取り扱いになるため、
トルコリラを扱っているFX-Traderとは違うのでお間違いなく・・・。

現在のISK/円は約1.9なので
1万通貨でレバレッジ1倍で19000円で購入できます。
ということは、証拠金率にもよりますが
かなりの小額資金で始めることができそうです。

しかも最近暴落していたようなので
買い始めるにはちょうどいいかもしれません。

といっても、ヒロセ通商
で実際に売買できだすまでには
まだ少し時間がかかりそうなので、その頃にどのくらいのレートになっているかはわかりませんが、
高金利好きの日本人が買いだすのは間違いなので
これから多少上がっていくかもしれないですね。

あと、ヒロセ通商では、今のところ信託保全ではありませんが
今年中には信託保全になる予定みたいです。

情報をくれたたまゆらさん、ありがとうございました~!!






ランキングの応援してくれると、実はとってもうれしいです。→ →   人気blogランキングへ
スワップ派の情報ならこっちにもいろいろありますよ。→→スワップ派のブログランキングへ
「FXでスワップ生活を目指そう」の歩き方~FX初心者の方へ~
まずは左側のカテゴリ「FXの基本」を全て読んで下さい。分からない事があればいつでもコメントして下さい。恥ず
   かしい方は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れれば大丈夫ですよ。
その後、自分にあったFX業者を選びます。
   「スワップ派のFX業者比較」「スワップ派の通貨の選び方」を読んで参考にしてみて下さい。
全部読むのはめんどくさ~い!という人は、右側に私が使用しているFX業者を掲載しているので、まずはその中か
   ら適当に選んでもいいかも。
説明よりはまず実践!!という人は、デモ口座を開いて実践してみて下さい。FX Onlineなんてどうでしょう?
少し慣れてきたら、「私のFX投資方法」以下のカテゴリを読んでみてください。(「FXの税金」は後回しでいいか
   も。)「FXいろいろシミュレーション」は結構おもしろいですよ♪
おすすめ記事
◆スワップ生活の最低条件
◆FXの複利運用で資金はいくらに・・・?
◆複利投資法の1億達成比較!
◆トルコリラ複利運用に最適な業者比較
◆お知らせ◆
このブログの内容をまとめたサイト「FX初心者の為の外国為替講座~スワップ派で楽して稼ごう編~」を作成しました。(というか少しずつ作成している途中ですが・・・(^^;))
ブログよりもまとまっていると思いますので、良かったら見てみてください。
(昔からこのブログを見てくれている人は別に必要ないかも(笑))

暴落時こそ買うチャンス!

トルコリラやランド、アイスランドクローナなどの高金利通貨が暴落しています。
(暴落というほどではないですが・・・)

ランドは17.5近くまで上がっていたのが16.6近辺。
トルコリラは93円近くまで上がっていたのに、一時90円を割り込みました。

アイスランドクローナも暴落しているようで
EUR/ISKもあがってきています。

(トルコリラやアイスランドクローナの取扱業者は「必見!スワップ派に最強の通貨は!?」を見てくださいね)

今まで円安のためポジションを持てなかった人も、買うチャンスがやってきましたね。

通貨の暴落は、私はとてもチャンスだと思っています。
もちろん、持っているポジションの含み益は減ってしまうし、
もしかしたら含み損になってしまうのですが、
いつも、新しくポジションをたてるための余剰資金を用意しているため、
暴落時こそ、通貨を新しく買えるタイミングだと思っているからです。

例えば、自分の資金でレバレッジも考えて5万通貨が購入できる場合でも
一気に5万通貨は購入しません。
スワップが欲しいので、1~2万通貨ぐらいは円安時でも購入しますが
あとは欲しい通貨が暴落するまでじっと我慢です。

実は以前、スワップ欲しさで、目一杯ポジションをたててしまい、
その後訪れた急な円高で、絶好の買うタイミングだったのに
資金がなくて新しいポジションを購入できなかったばかりか
ロスカットにびびって損切りしてしまい、
結構損をしてしまったからです。

それ以来、スワップがいくら欲しくても、暴落まで心待ちに待つようになりました(笑)

といっても、暴落しても、いつが底かはわからないので
底だと思って購入してしまうと、もっともっと下がって痛い目を見てしまうこともあれば
逆にもっと下がるのではとびびってしまい、そのうち元のレートに戻ってしまい
結局買えないこともありますが・・・。

だから私は、ある程度下がってからは機械的に買い下がるようにしています。
例えば、トルコリラなら、最近の高値から5円下がったら1万通貨購入し、
その後1円下がるごとに1万通貨ずつポジションを増やすのです。

いくら下がったら買い始めるのか、いくらずつ下がったら買い増ししていくかは
その時の余剰資金の量によって多少変化しますが。

この機械的って結構楽ですよ。
ついつい「まだ下がるから買うのは怖いなあ」とか
「これ以上は下がらないだろうから今のうちに買っておかなければ」とか
いろんな感情に振り回されることがなくなるからです。

私はどうも意志が弱いので、なるべく自分でルールを決めて運用するようにしています。

ただし、買い下がりは気をつけないと、大暴落になると大変なことになります。
いくら余剰資金を用意していても、追いつかないぐらい下がるともうお手上げです。

だから本当は底を確認してからポジションを追加するのが良いようですが、
私は明確に底が分かるわけではないので、
レバレッジに注意して買い下がる方が性に合っているみたいです。

そうそう、もうひとつ、暴落時に買い増そうと思ったら
少ない通貨ではなく、なるべく多くの通貨に目を光らせておくことが大事かも。

ドルは暴落していなくてもランドは暴落したり、
逆にランドは好調なのに、ユーロが暴落したり、
通貨によって暴落のタイミングがずれたりするので、
買うタイミングが増えてくるからです。

ということで、高金利通貨の暴落、探してみてください。
ただし、大暴落にはお気をつけて・・・。






ランキングの応援してくれると、実はとってもうれしいです。→ →   人気blogランキングへ
スワップ派の情報ならこっちにもいろいろありますよ。→→スワップ派のブログランキングへ
「FXでスワップ生活を目指そう」の歩き方~FX初心者の方へ~
まずは左側のカテゴリ「FXの基本」を全て読んで下さい。分からない事があればいつでもコメントして下さい。恥ず
   かしい方は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れれば大丈夫ですよ。
その後、自分にあったFX業者を選びます。
   「スワップ派のFX業者比較」「スワップ派の通貨の選び方」を読んで参考にしてみて下さい。
全部読むのはめんどくさ~い!という人は、右側に私が使用しているFX業者を掲載しているので、まずはその中か
   ら適当に選んでもいいかも。
説明よりはまず実践!!という人は、デモ口座を開いて実践してみて下さい。FX Onlineなんてどうでしょう?
少し慣れてきたら、「私のFX投資方法」以下のカテゴリを読んでみてください。(「FXの税金」は後回しでいいか
   も。)「FXいろいろシミュレーション」は結構おもしろいですよ♪
おすすめ記事
◆スワップ生活の最低条件
◆FXの複利運用で資金はいくらに・・・?
◆複利投資法の1億達成比較!
◆トルコリラ複利運用に最適な業者比較
◆お知らせ◆
このブログの内容をまとめたサイト「FX初心者の為の外国為替講座~スワップ派で楽して稼ごう編~」を作成しました。(というか少しずつ作成している途中ですが・・・(^^;))
ブログよりもまとまっていると思いますので、良かったら見てみてください。
(昔からこのブログを見てくれている人は別に必要ないかも(笑))

複数通貨のレバレッジ

先日友人に「1つの通貨を買う場合のレバレッジについては分かったけど
複数通貨を買う場合のレバレッジが良く分からない」といわれたので
今日は複数通貨のレバレッジについて考えたいと思います。

わかりやすく、レバレッジの方から考えると。
資金が100万円あった場合、単純に
レバレッジ5倍なら 100万円×5=500万円
レバレッジ10倍なら100万円×10=1000万円
分の通貨を購入できるということです。

例えばドル/円を120円で5万通貨、
ユーロ/円を160円で2万通貨、
NZ/円を90円で1万通貨購入すると、

ドル/円・・・120円×5万通貨=600万
ユーロ/円・・・160円×2万通貨=320万
NZ/円・・・90円×1万通貨=90万

となり、全てを足すと
600万+320万+90万=1010万となり
100万円の資金で1010万円の購入なので約レバレッジ10倍となります。

では、レバレッジから考えるのではなく
どれぐらいの資金があれば安全なのかをまず考えて
それからレバレッジを計算した場合を考えて見ます。

私がメインで使用しているセントラル短資 の場合ですが、
ドル/円の必要証拠金は購入金額の4.8%、
ユーロ/円の必要証拠金は購入金額の5%、
NZ/円の必要証拠金は購入金額の6%、
ロスカットはそれぞれ必要証拠金の20%となります。

ドル/円を1万通貨の、ロスカットになる金額は
120円×1万通貨×4.8%×20%=11520円
ドル円が今後20円ぐらいは下がるだろうと予想すれば
11,520円+20万円=211,520円
211,520円用意して1万ドル購入すれば安全ということになります。

同じようにユーロ/円の場合はロスカットの金額が
160円×1万通貨×5%×20%=16000円
今後15円ぐらいは下がると予想すると、
1万ユーロ購入するのに16000円+15万円=166,000円
が必要となります。

NZ/円も同じように計算すると、ロスカットの金額が
90円×1万通貨×6%×20%=10800円
今後20円ぐらいは下がると予想すると、
1万ユーロ購入するのに10800円+20万円=210,800円
が必要となります。

これで、それぞれの通貨ごとに、1万通貨購入するために必要な金額がわかったので、
あとは資金は100万円のなかで、どういう組み合わせで購入するかを考えていきます。
例えばドル/円を3万通貨、ユーロ/円が1万通貨、NZ/円が1万通貨購入することにしたとします。
この場合のレバレッジは
120円(ドル/円)×3万通貨=360万
160円(ユーロ/円)×1万通貨=160万
90円(NZドル/円)×1万通貨=90万

これを全部足しと610万円分となるので
レバレッジは約6倍ということになりますね。

どちらでレバレッジを考えてもいいと思いますが、
スワップ派の最終的な目的はロスカットに合わないことなので
どのぐらいのレバレッジにすればロスカットに合わないかというのを
良く考えて決めないといけないですね。

今はどんどん円安にすすんでいますが
急に円高がくることも頭に入れてレバレッジの設定をしてくださいね。
あ、あと、ロスカットになる金額は、各FX業者によって異なるので
そのあたりも調べて設定してくださいね。



ランキングの応援してくれると、実はとってもうれしいです。→ →   人気blogランキングへ
スワップ派の情報ならこっちにもいろいろありますよ。→→スワップ派のブログランキングへ
「FXでスワップ生活を目指そう」の歩き方~FX初心者の方へ~
まずは左側のカテゴリ「FXの基本」を全て読んで下さい。分からない事があればいつでもコメントして下さい。恥ず
   かしい方は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れれば大丈夫ですよ。
その後、自分にあったFX業者を選びます。
   「スワップ派のFX業者比較」「スワップ派の通貨の選び方」を読んで参考にしてみて下さい。
全部読むのはめんどくさ~い!という人は、右側に私が使用しているFX業者を掲載しているので、まずはその中か
   ら適当に選んでもいいかも。
説明よりはまず実践!!という人は、デモ口座を開いて実践してみて下さい。FX Onlineなんてどうでしょう?
少し慣れてきたら、「私のFX投資方法」以下のカテゴリを読んでみてください。(「FXの税金」は後回しでいいか
   も。)「FXいろいろシミュレーション」は結構おもしろいですよ♪
おすすめ記事
◆スワップ生活の最低条件
◆FXの複利運用で資金はいくらに・・・?
◆複利投資法の1億達成比較!
◆トルコリラ複利運用に最適な業者比較
◆お知らせ◆
このブログの内容をまとめたサイト「FX初心者の為の外国為替講座~スワップ派で楽して稼ごう編~」を作成しました。(というか少しずつ作成している途中ですが・・・(^^;))
ブログよりもまとまっていると思いますので、良かったら見てみてください。
(昔からこのブログを見てくれている人は別に必要ないかも(笑))

GBP/TRYのレバレッジ

今日はスワップ最強通貨のGBP/TRYを実際に買うときのレバレッジについて
考えてみたいと思います。
実際に購入するときに、1万通貨あたりいくらの資金を用意しておけば安全なのでしょうか?

GBP/TRYについて、まだ知らない人は前の記事から読んでくださいね。
(「必見!スワップ派に最強の通貨は!?」)


まず、GBP/TRYの基本情報から。(全てFX-navi の場合になります。)

◆現在のレート・・・・・・約2.6

◆必要な保証金(1万通貨)・・・約9万6千円

◆スワップ(1万通貨)・・・約800円(毎日変動します)


過去半年間のチャートです。(クリックすると大きくなります。)

GBPTRYチャート2


半年間前は約2.9だったのが、この半年間でどんどん下がって、
今では約2.6ぐらいのレートとなっています。

ちなみにGBP/TRYでスワップをもらおうと思ったら
ショートポジション(売り)のため、レートが下がると為替差益が発生します。
現在は下がり基調なので、為替差益もスワップ金利もGETできてかなりおいしい状況です。

半年間で約0.3下がっていますが、0.1下がるといったいいくら得になるのでしょうか?
クロス円通貨ではないので、ちょっとわかりにくいですね。

GBP/TRYのレート2.6とは、ポンド1に対してトルコリラが2.6であることを表します。
(2.6トルコリラで1ポンドが買えるということですね。)
なので、0.1動くということは、日本円になおすと
0.1×92円(現在のトルコリラ)=9万2千円動くということになります。

半年前にGBP/TRYを1万通貨売っていた場合
約27万円の為替差益が出ているということです。
さらにスワップ金利が約800円×180日(半年間)=144000円となるので
為替差益とスワップ金利で、40万以上のプラスが出ています。
大きいですね~!!

ただし、逆に言うと、半年間で0.3あがる可能性もあるわけですよね?
ということは、もし今から半年間で2.9に戻ると、
為替損益がマイナス27万円になるということです。

同じ保証金が必要となるGBP/JPNで考えた時に、
ここ半年間での最高値が約241円、
最安値が約221円なので、20円ほどの値動きです。
つまり最高値から最安値に動くと、マイナス20万円となります。

値動きが激しいと言われているGBP/JPYよりも、さらに大きく動いていますね。
これだけ見ると、GBP/TRYの値動きは非常に大きく、
危険なポジションということになります。

ただし、GBP/TRYのスワップが非常に高いため、
もし、半年間で0.3あがったとしても、
-27万円(為替損益)+約14.5万円(スワップ益)=-12.5万円
そのまま一年間保有していれば、
-27万円(為替損益)+約29万円(スワップ益)=+2万円
となり、トータルではプラスになります。


逆に先ほど比較したGBP/JPNを考えてみると、
もし半年間で20円マイナスになった場合、
ポンド/円のスワップは約320円なので、
-20万円(為替損益)+約5.7万円(スワップ益)=-13.3万円
となり、GBP/TRYと比べてトータルのマイナスは大きくなります。
1年間保有していても、
-20万円(為替損益)+約11.5万円(スワップ益)=-8.5万円
となるので、トータルはまだマイナスですね。

そう考えると、多少値動きは激しくても
スワップが高いため、リスクはかなり減っていることになります。

それでは、1万通貨購入するのに、いくら用意しておけば安全なのでしょうか?
まず、保証金で9万6千円かかります。
もし半年間で0.3あがることを想定すると、スワップを入れてもマイナス12.5万円になるので
9万6千円+12.5万円で約22万円は最低でも口座に入れておきたいですね。

もちろん、0.3以上動くこともあるので、
安全思考の方はもう少し入れておいた方がいいでしょう。

レバレッジで考えてみると、
レバレッジ1倍で購入するのであれば、GBP/TRY1万通貨で
約240万円の保証金が必要となるため、
22万円で1万通貨を購入する場合は、約11倍のレバレッジ
もし30万円で1万通貨を購入する場合は、約8倍のレバレッジとなります。

通常レバレッジ5倍ぐらいで安全運転されている方は
口座に約50万円の資金を用意することになります。

私の場合は、FX-navi は今のところトルコリラ専用口座として運用しているのですが、
約10倍ぐらいでの運用になっています。
ただし、TRYが下がりだしたり、GBP/TRYが上がりだした時のために
追加する資金は一応用意してあって、
レバレッジ5倍ぐらいには押えれるようにしています。

今のところは、トルコリラが上がり基調のため、
スワップ、為替差益ともかなりの利益が出ていますが・・・。

トルコリラは、スワップ派にとって、とても魅力的な通貨ですが、
まだ新しい通貨のため、今後どんな動きをとるのかは誰にもわかりません。

何度も言うようですが、レバレッジには気をつけて運用してくださいね。




レバレッジについて良くわからなかった人は→→→「レバレッジの設定


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


ランキングの応援してくれると、実はとってもうれしいです。→ →   人気blogランキングへ
スワップ派の情報ならこっちにもいろいろありますよ。→→スワップ派のブログランキングへ
「FXでスワップ生活を目指そう」の歩き方~FX初心者の方へ~
まずは左側のカテゴリ「FXの基本」を全て読んで下さい。分からない事があればいつでもコメントして下さい。恥ず
   かしい方は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れれば大丈夫ですよ。
その後、自分にあったFX業者を選びます。
   「スワップ派のFX業者比較」「スワップ派の通貨の選び方」を読んで参考にしてみて下さい。
全部読むのはめんどくさ~い!という人は、右側に私が使用しているFX業者を掲載しているので、まずはその中か
   ら適当に選んでもいいかも。
説明よりはまず実践!!という人は、デモ口座を開いて実践してみて下さい。FX Onlineなんてどうでしょう?
少し慣れてきたら、「私のFX投資方法」以下のカテゴリを読んでみてください。(「FXの税金」は後回しでいいか
   も。)「FXいろいろシミュレーション」は結構おもしろいですよ♪
おすすめ記事
◆スワップ生活の最低条件
◆FXの複利運用で資金はいくらに・・・?
◆複利投資法の1億達成比較!
◆トルコリラ複利運用に最適な業者比較
◆お知らせ◆
このブログの内容をまとめたサイト「FX初心者の為の外国為替講座~スワップ派で楽して稼ごう編~」を作成しました。(というか少しずつ作成している途中ですが・・・(^^;))
ブログよりもまとまっていると思いますので、良かったら見てみてください。
(昔からこのブログを見てくれている人は別に必要ないかも(笑))

GBP/TRYのスワップが高い訳

さて、今日はスワップ最強ポジションのGBP/TRYについて
少し詳しく見てみたいと思います。

まだ前回の記事を読んでいない人は、そちらから読んでくださいね。
(「必見!スワップ派に最強の通貨は!?」)

GBP/TRYでスワップをもらおうと思ったら、
GBP/TRYを売らなくてはいけません。

これはポンドのスワップよりもトルコリラのスワップの方が高いからです。
現在ポンドの金利は現在5.5%、トルコリラの金利が17.5%、
この金利差が、スワップになるわけですね。

単純に考えると、じゃあ、日本のように、もっと低金利の国との間のスワップの方が
高いのではないか?と思いませんか?
例えば、TRY/JPYの買いとかですね。

私も最初はそう思いました。

でも、そうではないんですね。

GBP/TRYを1万通貨分売るということは、
トルコリラを1万通貨売っているということではありません。
ポンド1万通貨分でトルコリラを売っているのです。

分かりやすくポンドが現在240円、トルコリラが90円とすると、
240÷90=2.7となり、
ポンド1万通貨で約2.7万通貨のトルコリラを売ることになるのです。

ということは、トルコリラ2.7万通貨分の1年間のスワップ金利は
2.7万通貨×17.5%×90円=約42万円となります。
ポンドの方は1万通貨×5.5%×240円=約13万円です。

この42万円ー13万円=約29万円が、
GBP/TRYを売った場合の1年間のスワップとなるわけです。
(概算ですが・・・)


TRY/JPNを買っている場合、トルコリラを1万通貨持っていることになります。
すると、1年間のスワップ金利は
1万通貨×17.5%×90円=約15万円の金利となるので
GBP/TRYを売った方がスワップが高いということになるのです。

そりゃ、そうですよね?
トルコを1万通貨分ではなく、実際は2.7万通貨分のスワップなんですから!

「1万通貨」というのは、売りでも買いでも左側の通貨が1万通貨分と覚えておいて下さい。

ここで、気づいた人もいるかもしれません。
1万通貨で考えると、GBP/TRYの方がTRY/JPYよりもスワップが高いけど
保証金から考えたら・・・?

例えばFX-naviの場合、保証金は取引通貨の4%となっています。
TRY/JPYの保証金は
90円×1万通貨×4%=36000円となります。
GBP/TRYの場合は、
240円×1万通貨×4%=96000円となります。

もし10万円の保証金があったとすると、
トルコリラの場合は2万5千通貨買うことができます。
FX-naviは5000通貨単位で売買できるので・・・)
GBP/TRYの場合は1万通貨売ることができます。

どちらがスワップが高いか・・・?
それはやっぱりトルコリラを2万5千通貨分買った方ですね。

ということは、TRY/JPNの買いとGBP/TRYの売り、
どちらが得かをまとめると、

★保証金から考えると、TRY/JPNの買いがスワップは高い

★1万通貨あたりで考えると、GBP/TRYを売った方がスワップは高い

ということになりますね。

どちらが得かは微妙ですが、やはり1万通貨と2.7万通貨では
2.7万通貨の方が値動きが激しいと思うので(検証はしていませんが・・・)
1万通貨でスワップの多いGBP/TRYの方がお得感がありますよね?
スワップ派にとっては、とにかくロスカットを注意しなければいけないですから!

今日の話、ちょっと難しかったですね?
分かりにくかった方は、今日の記事は読み流してください(笑)
私がGBP/TRYを知った時の疑問点を書いてみただけなので・・・。

本当は実際にGBP/TRYを買う場合のレバレッジなどを考えるつもりだったのですが
長くなってしまったので、また次回にしますね。
すみません・・・。


続きアップしました→→→「GBP/TRYのレバレッジ







ランキングの応援してくれると、実はとってもうれしいです。→ →   人気blogランキングへ
スワップ派の情報ならこっちにもいろいろありますよ。→→スワップ派のブログランキングへ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。