FXスワップ派の基本

スワップ派のFX業者比較

スワップ派の通貨の選び方

FXの税金

私のFX投資方法

今月のFX実績

FXお役立ちブログパーツ

FXひと休みコラム

FXスワップ派シミュレーション

読者からのコメント

お知らせ

FX本の書評





最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

「FXでスワップ生活を目指そう」の歩き方~FX初心者の方へ~
まずは左側のカテゴリ「FXの基本」を全て読んで下さい。分からない事があればいつでもコメントして下さい。恥ず
   かしい方は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れれば大丈夫ですよ。
その後、自分にあったFX業者を選びます。
   「スワップ派のFX業者比較」「スワップ派の通貨の選び方」を読んで参考にしてみて下さい。
全部読むのはめんどくさ~い!という人は、右側に私が使用しているFX業者を掲載しているので、まずはその中か
   ら適当に選んでもいいかも。
説明よりはまず実践!!という人は、デモ口座を開いて実践してみて下さい。FX Onlineなんてどうでしょう?
少し慣れてきたら、「私のFX投資方法」以下のカテゴリを読んでみてください。(「FXの税金」は後回しでいいか
   も。)「FXいろいろシミュレーション」は結構おもしろいですよ♪
おすすめ記事
◆スワップ生活の最低条件
◆FXの複利運用で資金はいくらに・・・?
◆複利投資法の1億達成比較!
◆トルコリラ複利運用に最適な業者比較
◆お知らせ◆
このブログの内容をまとめたサイト「FX初心者の為の外国為替講座~スワップ派で楽して稼ごう編~」を作成しました。(というか少しずつ作成している途中ですが・・・(^^;))
ブログよりもまとまっていると思いますので、良かったら見てみてください。
(昔からこのブログを見てくれている人は別に必要ないかも(笑))

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングの応援してくれると、実はとってもうれしいです。→ →   人気blogランキングへ
スワップ派の情報ならこっちにもいろいろありますよ。→→スワップ派のブログランキングへ
「FXでスワップ生活を目指そう」の歩き方~FX初心者の方へ~
まずは左側のカテゴリ「FXの基本」を全て読んで下さい。分からない事があればいつでもコメントして下さい。恥ず
   かしい方は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れれば大丈夫ですよ。
その後、自分にあったFX業者を選びます。
   「スワップ派のFX業者比較」「スワップ派の通貨の選び方」を読んで参考にしてみて下さい。
全部読むのはめんどくさ~い!という人は、右側に私が使用しているFX業者を掲載しているので、まずはその中か
   ら適当に選んでもいいかも。
説明よりはまず実践!!という人は、デモ口座を開いて実践してみて下さい。FX Onlineなんてどうでしょう?
少し慣れてきたら、「私のFX投資方法」以下のカテゴリを読んでみてください。(「FXの税金」は後回しでいいか
   も。)「FXいろいろシミュレーション」は結構おもしろいですよ♪
おすすめ記事
◆スワップ生活の最低条件
◆FXの複利運用で資金はいくらに・・・?
◆複利投資法の1億達成比較!
◆トルコリラ複利運用に最適な業者比較
◆お知らせ◆
このブログの内容をまとめたサイト「FX初心者の為の外国為替講座~スワップ派で楽して稼ごう編~」を作成しました。(というか少しずつ作成している途中ですが・・・(^^;))
ブログよりもまとまっていると思いますので、良かったら見てみてください。
(昔からこのブログを見てくれている人は別に必要ないかも(笑))

安全で複利効果も高いかも♪

前回の記事で、私がトルコリラ用として口座を開いている業者のほとんどが、
信託先が新銀行東京であり、将来的にちょっと不安かな・・・(^^;)
ということを書きましたが、
「信託保全してたら本当に大丈夫?」参照)
じゃあ、どうしようかと考えてみました。

1.安全で、
2.トルコリラ
を扱っていて、
3.複利効果
も高く、
4.積立
を行いやすいところ

はないものかと・・・。

ちなみに、今まではヒロセ通商が1000通貨単位で取引できるため1番複利効果が高く、
未決済ポジションのスワップは口座残高に反映されるので、積立も行いやすく、1番おすすめだったのですが、
信託先が新銀行東京というのが、残念ながら安全条件に合致しませんでした。

ちょうどその頃、読者のbellさんから
アストマックスFXはどうでしょうか?」というコメントをいただいたので調べてみました。

まず、信託先は日証金信託銀行で、
この信託銀行はオリックス証券上田ハーローFXなどの信託先にもなっている信託銀行です。

また、自己資本規制比率は647%とかなり高く、
FX業界で安全といわれているセントラル短資とほぼ同レベルです。
(自己資本規制比率は120%以上なくてはいけないと決まっています。)

もちろん、これだけで安全かどうかは分かりませんが、
とりあえず安全条件の最低限はOKかなという感じです。

そして、もちろんトルコリラは扱っていて、それ以外にも現在人気のアイスランドクローナを含む
約160通貨のペアを取引できます。
ということで第2条件もクリアです。

そして複利効果が高い、ということですが、
アストマックスFXでは、5000通貨から取引を行うことができます。
ヒロセ通商の1000通貨単位には負けますが、1万通貨の複利効果よりももちろん高くなります。
さらに!!
実はスワップが比較的高く、ヒロセ通商よりも高いので、
ヒロセ通商の1000通貨単位の複利効果よりも、アストマックスFXの5000通貨の取引の方が
複利効果が大きくなることが分かりました!!
これは後で詳しくシミュレーションしてみます。
ということで複利効果もクリアです。

そして、積立を行いやすいというこですが、
実はアストマックスFXはSAXO系の業者になります。
これはFX-naviなどと同じ系列なのですが、
SAXO系ではスワップが保有ポジションの買値レートに加減されるタイプが多く、
その場合は現在どれだけのスワップが累計でついているかが分からないので
積立を行う時期が非常に分かりにくいのですが、
アストマックスFXはスワップは口座残高に反映されるため、
現在の累計スワップが分かりやすく、積立は行いやすいと思われます。
(実際にまだ口座を開いていないのですが、サポートの方に確認しました。)
ということで第4条件もクリアです。


こんな風に書くと、良いところだらけですが、
悪いところをあげておくと、5000通貨で取引をした場合、5ドルのミニマムチャージがかかります。
(トルコリラの場合10万通貨以下であればミニマムチャージがかかる。)
まあ、これはSAXO系であればどこもそうですし、
ヒロセ通商の場合ミニマムチャージはかかりませんが手数料がかかりますので、
そこまで大きなデメリットではないかと思います。
(ちなみにエコノミーコースならミニマムチャージはかからないようです。ただしトルコリラは扱っていますが、アイスランド円などはないので状況に合わせてお好きな方を選んでくださいね)

ちなみに・・・・。
サポートの方の対応は、一度しか電話をしていないので、
みなさんがそうかどうかは分かりませんが、
ちょっと頼りなかったです(^^;)
でも、分からない事は調べて折り返し電話をしてくれたりと、
対応は良かったです。
(しかもサポートは平日24時間対応です。これは結構ありがたい・・・)



さて、
ここで1番注目したい複利効果ですが、
以下の条件でシミュレーションをしてみました。




【条件】
最初の投資金額100万円で、まずトルコリラを4万リラ購入する。
毎月の積立金額はなしとします。
累計スワップと累計積立金額が12.5万円になるたびに5000トルコリラ購入する。
(25万円で1万リラなので約レバレッジ4倍弱。)
1ヶ月は面倒なので30日と計算し、1万トルコリラあたりの1日のスワップは395円とする。
(現在のアストマックスFXのスワップ金額を参考にしています。)
取引期間は2008年1月から10年間とする。
税金・手数料は考えないものとする。
(手数料は無料ですが、10万通貨以下の取引にはビジネスコースの場合はミニマムチャージ(5ドル)がかかる。)
面倒なので毎年12月時点のみ表記します(^^;)

年月 当月
積立額
(万円)
累計枚数(万) 当月スワップ
額(円)
累計スワップ(円)
事前準備 100 4    
2008/12 0 6 71,100 693,225
2009/12 0 11 130,350 1,907,850
2010/12 0 19 225,150 4,023,075
2011/12 0 33 391,050 7,720,275
2012/12 0 57.5 681,375 14,148,900
2013/12 0 100.5 1,190,925 25,359,000
2014/12 0 175 2,073,750 44,899,650
2015/12 0 305 3,614,250 78,956,550
2016/12 0 532 6,304,200 138,336,900
合計 100万円 532万リラ 138,336,900円 最終金額
139,336,900円



ヒロセ通商の場合(スワップ385円/1万トルコリラ;積立1000通貨単位)

合計 100万円 495.5万リラ 128,617,335円 最終金額
129,617,335円



アトランティックの場合(スワップ380円/1万トルコリラ;積立1万通貨単位)

合計 100万円 398万リラ 103,272,600円 最終金額
104,272,600円


今回は10年間で試算してみましたが、
すごい額になりましたね!
1億超えました~!!

いや、もちろん、毎回言っていますがこんなうまくはいかないと思いますよ。
税金や手数料、トルコの金利や日本の金利などに左右されますからね。
でも、何か夢があると思いませんか!!

しかも!!
実はヒロセ通商で1000通貨単位でシミュレーションした場合、
10年後には約1億2960万円となるので、それよりも多いのです!!
なぜなら、ヒロセ通商の場合、現在のトルコリラ1万通貨あたりのスワップは385円なので
アストマックスFXよりも10円安いんですよね。
なので5000通貨単位の複利効果でも、この10円の差でアストマックスFXの方が大きくなるのです!
10円ってすごい!
バカに出来ないですね・・・(#^_^#)

さらに言うと、アトランティックの場合はスワップも少し安く、1万通貨単位なので
複利効果は1番小さくなり、アストマックスFXと比べると3500万円も差がついてしまいます。

私もトルコリラ運用はアトランティックヒロセ通商でやっているのですが、
信託先の事もあるし、区切りの良いところで移行しようかしら・・・。
安全でより増えるのであればそちらの方がいいですもんね。

ちなみに・・・、
現在円安に進んでいるため、全てのトルコリラ口座がプラスになっています。
だからもう少し円安に進んだら、いったん決済して、
次回の円高から新しい口座にすればちょうどいいかな、なんて思っています♪


さて・・・。
今日は12月の31日です。
明日から新しい年が始まります。

お金を増やしたいと思っているのになかなか手が付けられていない方や、
積立を始めようと思っているのに、なかなか始められない方、
ちょうど新しい年になりますので、お金の面でも目標を新たにして、頑張ってみてはどうでしょうか?
(ちなみにアストマックスFXは最短半日で口座開設が出来るらしいですよ。)
1年の計は元旦にあり」といいますからね!!

私もこの1年で、ブログを通していろんな事を勉強させてもらい、
失敗したこともありましたが(夏の円高時です・・・(^^;))
トータルでは大分プラスになりました。
1年の収支を計算してみて、また来年の目標をたてて頑張ろうと思っています。

見ていただいた方、今年はお世話になりました♪
来年もどうかよろしくお願いしますね。


それでは良いお年を・・・!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト


ランキングの応援してくれると、実はとってもうれしいです。→ →   人気blogランキングへ
スワップ派の情報ならこっちにもいろいろありますよ。→→スワップ派のブログランキングへ
「FXでスワップ生活を目指そう」の歩き方~FX初心者の方へ~
まずは左側のカテゴリ「FXの基本」を全て読んで下さい。分からない事があればいつでもコメントして下さい。恥ず
   かしい方は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れれば大丈夫ですよ。
その後、自分にあったFX業者を選びます。
   「スワップ派のFX業者比較」「スワップ派の通貨の選び方」を読んで参考にしてみて下さい。
全部読むのはめんどくさ~い!という人は、右側に私が使用しているFX業者を掲載しているので、まずはその中か
   ら適当に選んでもいいかも。
説明よりはまず実践!!という人は、デモ口座を開いて実践してみて下さい。FX Onlineなんてどうでしょう?
少し慣れてきたら、「私のFX投資方法」以下のカテゴリを読んでみてください。(「FXの税金」は後回しでいいか
   も。)「FXいろいろシミュレーション」は結構おもしろいですよ♪
おすすめ記事
◆スワップ生活の最低条件
◆FXの複利運用で資金はいくらに・・・?
◆複利投資法の1億達成比較!
◆トルコリラ複利運用に最適な業者比較
◆お知らせ◆
このブログの内容をまとめたサイト「FX初心者の為の外国為替講座~スワップ派で楽して稼ごう編~」を作成しました。(というか少しずつ作成している途中ですが・・・(^^;))
ブログよりもまとまっていると思いますので、良かったら見てみてください。
(昔からこのブログを見てくれている人は別に必要ないかも(笑))

信託保全してたら本当に大丈夫?

今日の記事は、とても長くなってしまいましたが、
ぜひ皆さんに読んでいただきたい記事なので、どうか頑張って最後まで読んでください。



12月に入って、2つのFX業者が行政処分を受けたのを知っていますか?

日本ファースト証券と、株式会社ユニバーサルインベストメントです。

両社とも、自己資本規制比率が120%を下回っているのと、
顧客から預かった資金を分別管理していなかったとの点で、
今回、行政処分を受けたようです。

行政処分の内容は、6ヶ月間の営業停止処分で、
その間は、新規口座の開設や、新規のポジションの売買が出来なくなるようです。

これ以前にも、今年は、エフエックス札幌やアルファフォレックスの破綻などもありました。
そろそろ、FX業者が淘汰される時期になってきたようですね。

私たちが使用しているFX業者は本当に大丈夫なのでしょうか。
私たちは、どの通貨を選ぶか、どのタイミングで売買するか、といったことだけでなく
どの業者を選べば安心なのか、ということももっと考えなくてはいけないのかもしれません。

私は、今まであまり深く考えずに信託保全さえしていれば大丈夫、
というような軽い気持ちで、口座を開いてきました。
すると、ちょうど先日、ブログ読者のfx自由人さんのコメントの中に、以下のような文章がありました。

「自分の長期投資用の口座開設の考えとして、 
信託していても信託先が新銀行東京では、 
もう数年後の破産が規定路線まで来ている所なので 
そういった業者では、FXの取引を一切していません。」


私は「えっ?」と思って、自分の開いている口座の信託先と
新銀行東京について調べてみました。

新銀行東京とは、2005年4月に開業した東京都が経営監視する銀行で、
東京都は1000億の出資をしています。
しかし、11月に発表された平成19年9月の中間決算では、
最終赤字86億円、累計ではなんと936億円の赤字をかかえている銀行なのです。

毎日新聞の見出しなどでは、既に「存続が重大局面」などと歌われていました。
(YAHOOニュースなどで「新銀行東京」で検索してみてください。)

そして、驚いたことに、私の使用しているFX業者のほとんどが
信託先が新銀行東京だったのです。



せっかく信託保全されて顧客の資産が守られているのに、
その信託先が潰れたら、いったいどうなってしまうのでしょうか・・・?

思わず、使用しているFX業者には全て電話で問い合わせを行いました。
質問内容としては、

信託先を変更するという動きが現在あるか?
万が一信託先が潰れた場合は、どうなるのか?
その場合に、顧客が一気に出金しようとしても大丈夫なのか?(すぐに出金できるのか?)
その場合に、運用(ポジションの売買など)は可能なのか?


などです。

私が使用しているFX業者で信託先が新銀行東京を使用しているのは
以下の4社です。
多分、私の記事を見て入ってくれている人もいると思うので、以下にまとめておきます。


FX Online
 現在、信託先を変更するように動いているところ。多分12月中ぐらいには、HP上で発表できると思う。

FX-navi
 他の信託先などは今のところ検討していない。
 万が一信託先が潰れた場合、次の信託先が決まるまでは信託保全なしで運用。
 出金、運用については問題なし。

アトランティック
 他の信託先などは今のところ検討していない。
 万が一信託先が潰れた場合、次の信託先が決まるまでは信託保全なしで運用。
 運用については問題なし。
 出金については、もしかしたら少し時間がかかる可能性もあり。

ヒロセ通商
 他の信託先などは今のところ検討していない。
 万が一信託先が潰れた場合、次の信託先が決まるまでは信託保全なしで運用。
 運用については問題なし。
 出金については、カバー先(OCBC証券)に顧客の預かり資産以上の資金があるため問題なし。


FX Onlineについては、近々信託先が変わるようなのでとりあえず問題なさそうです。

その他については、基本的には、全て新しい信託先が決まるまでは信託保全なしでの運用で、
通常の運用については問題なし、ということでした。
出金について、時間がかかるかどうか聞いたのは、
実はfx自由人さんのコメントで、「銀行倒産の場合、個人資産返却があっても1年はかかりますし。」
という文章があったからです。

その辺りについても聞いてみましたが、個人資産とは別に管理されているので、
そこまで時間がかかることはない、との事でした。

つまり、サポートの方としては基本的には「問題ありません」という回答なわけです。

でも、正直、サポートの方が言われる事が全てあっているとは思えません。
(今までにも結構振り回されているので・・・(^^;))

出金が大丈夫といっても、多分大変な混乱状態になると思われるので
本当にスムーズに出来るのでしょうか?

さらに私が1番心配なのは、もし本当に新銀行東京が破綻した場合に、
信託保全もなくなるし、やっぱりみんな出金して他の業者に預け変えようと思うのでは・・・。
もし、そうやってかなりの顧客が出金すると、FX業者からすると顧客が激減することになります。
それって業者からすると、かなり大変なことですよね。
最悪、信託先の破綻→FX業者の破綻、なんてことにならないのでしょうか?

そうなった場合、信託先がない状態でFX業者が潰れるわけだから、
お金は返ってこない可能性あり・・・?

考えただけでも恐ろしい・・・。

まあ、新銀行東京を信託先にしているFX業者は他にもあり、
全体では結構多いので、
本当にそんなことになれば、FX市場は大混乱ということになるので、
考えすぎでしょうか・・・。


私はとりあえずセントラル短資 の比重を大きくしていこうと思っています。
ただし、既にポジションを結構保有しているので、すぐには難しいなと思っています。
FX-naviなんかは、ずっと含み損ですし、決済していまうのにはちょっと勇気が・・・(^^;)

でもヒロセ通商は、唯一1000通貨単位でトルコリラが売買できる業者なので、
大きな資金を入れるのは怖いですが、そのまま続けていこうと思っています。

そう考えると、100年の歴史を持つセントラル短資 って、やっぱり安心感がありますね。
ちなみに信託先は三井住友信託銀行で、自己資本規制比率は626%でした。
歴史があるからといって、絶対に大丈夫かどうかはわかりませんが、
それでも100年続いてこれたということは、
その間の様々な問題を乗り越えてきたということですからね。

それと、トルコリラと取り扱っていて、信託先が新銀行東京でないのは
AFT-FXダイレクトトレードがあります。
参考までに・・・。

それにしても、資産を管理するというとは、
いろいろな事を考えないといけなくてとても大変ですね。
それと、こうやってブログで記事を書くということは、とても責任重大な事だということを
改めて思いました。
自分の記事が、人に影響を与え、
良い影響だけではなく、時には悪い影響も与えてしまう可能性があるということを
とても深く考えさせられました。

別に、絶対的に新銀行東京が信託先のFX業者が危険というつもりはありません。
もしかしたら、今から黒字に転換する可能性だってないわけではないですし、
実際に破綻しても、FX業者のサポートの方が言われているように、
そんなに影響はないかもしれません。
でも、悪い情報も知った上で、FX業者選びの参考にしていただけたらと思って、今回記事にしました。


fx自由人さん、本当に貴重な情報をありがとうございました。






ランキングの応援してくれると、実はとってもうれしいです。→ →   人気blogランキングへ
スワップ派の情報ならこっちにもいろいろありますよ。→→スワップ派のブログランキングへ
「FXでスワップ生活を目指そう」の歩き方~FX初心者の方へ~
まずは左側のカテゴリ「FXの基本」を全て読んで下さい。分からない事があればいつでもコメントして下さい。恥ず
   かしい方は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れれば大丈夫ですよ。
その後、自分にあったFX業者を選びます。
   「スワップ派のFX業者比較」「スワップ派の通貨の選び方」を読んで参考にしてみて下さい。
全部読むのはめんどくさ~い!という人は、右側に私が使用しているFX業者を掲載しているので、まずはその中か
   ら適当に選んでもいいかも。
説明よりはまず実践!!という人は、デモ口座を開いて実践してみて下さい。FX Onlineなんてどうでしょう?
少し慣れてきたら、「私のFX投資方法」以下のカテゴリを読んでみてください。(「FXの税金」は後回しでいいか
   も。)「FXいろいろシミュレーション」は結構おもしろいですよ♪
おすすめ記事
◆スワップ生活の最低条件
◆FXの複利運用で資金はいくらに・・・?
◆複利投資法の1億達成比較!
◆トルコリラ複利運用に最適な業者比較
◆お知らせ◆
このブログの内容をまとめたサイト「FX初心者の為の外国為替講座~スワップ派で楽して稼ごう編~」を作成しました。(というか少しずつ作成している途中ですが・・・(^^;))
ブログよりもまとまっていると思いますので、良かったら見てみてください。
(昔からこのブログを見てくれている人は別に必要ないかも(笑))

11月の実績

11月の実績です。



  スワップ益 為替差益 10/1保有ポジション
セントラル短資 17,709円 56,800円 NZドル/円(1万)
ユーロ/円(1万)
南アランド/円(15万)
FX Online Japan 16,525円 0円 南アランド/円(10万)
豪ドル/円(1万)
FX-navi

約76,000円

約20,000円 ユーロ/アイスランド(5万)売
アイスランド/円(50万)
アトランティック

23,964円

0円 トルコリラ(2万)


合計                       約210,998円




11月は不安定な相場でしたが、皆さん大丈夫でしたか?
私は、10月に引き続き、11月も前半に少し決済をして、
安くなったあたりで、また少しポジションを増やしました。

それにしても・・・。
何だか高金利通貨に偏ってきてしまいました(^^;)
トルコリラにアイスランドクローナに南アランド。
高金利のトップ3ですね(笑)

リスク分散を考えると、もう少しいろんな通貨を買わないといけないのに。
今後は、少しセントラル短資 の金額を多くして、
メイン通貨の割合をもう少し増やしていきたいと思っています。

それと、11月の末に、ヒロセ通商のFX2ミニにも口座開設を行いました。
これは、「複利効果を最大限活用バージョン」などで1000通貨単位の複利効果のすごさを知って、
どうしても自分でもやってみたくなったので、
小額資金で実際にやってみます。

なので来月の実績発表時には、FX2ミニも追加されている予定です。

それにしても・・・。
ついつい勢いでアイスランドクローナ/円を買ってしまいましたが・・・。
やはりもしかしたら私はアイスランドとは相性が悪いのかも。
買ってからすぐにまた下がりだして、ずっと含み損でした。
今は少しプラスになりましたが。

ユーロ/アイスランドも、買ってからず~っと含み損です。
しかも円高になると、びっくりするぐらい含み損が増えます(^^;)
いいかげん手放してしまいたいのですが、ずっと含み損のため
全く売るタイミングがありません(笑)

おかげで、FX-naviの口座を多少縮小したいのに、
強制ロスカットが怖くて、現金を引き出せずにいます・・・。
困ったモンです(^^;)


さて、12月は1年の締めくくりです。
最後にマイナスを出してしまうと気分が悪いので、
マイナスだけは出さないようにがんばります♪







ランキングの応援してくれると、実はとってもうれしいです。→ →   人気blogランキングへ
スワップ派の情報ならこっちにもいろいろありますよ。→→スワップ派のブログランキングへ
「FXでスワップ生活を目指そう」の歩き方~FX初心者の方へ~
まずは左側のカテゴリ「FXの基本」を全て読んで下さい。分からない事があればいつでもコメントして下さい。恥ず
   かしい方は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れれば大丈夫ですよ。
その後、自分にあったFX業者を選びます。
   「スワップ派のFX業者比較」「スワップ派の通貨の選び方」を読んで参考にしてみて下さい。
全部読むのはめんどくさ~い!という人は、右側に私が使用しているFX業者を掲載しているので、まずはその中か
   ら適当に選んでもいいかも。
説明よりはまず実践!!という人は、デモ口座を開いて実践してみて下さい。FX Onlineなんてどうでしょう?
少し慣れてきたら、「私のFX投資方法」以下のカテゴリを読んでみてください。(「FXの税金」は後回しでいいか
   も。)「FXいろいろシミュレーション」は結構おもしろいですよ♪
おすすめ記事
◆スワップ生活の最低条件
◆FXの複利運用で資金はいくらに・・・?
◆複利投資法の1億達成比較!
◆トルコリラ複利運用に最適な業者比較
◆お知らせ◆
このブログの内容をまとめたサイト「FX初心者の為の外国為替講座~スワップ派で楽して稼ごう編~」を作成しました。(というか少しずつ作成している途中ですが・・・(^^;))
ブログよりもまとまっていると思いますので、良かったら見てみてください。
(昔からこのブログを見てくれている人は別に必要ないかも(笑))

トルコリラのレバレッジ4.5倍って・・・?

先日、読者のRinさんから、「複利効果を最大限活用バージョン」の記事について、
次のようなコメントをいただきました。

「はじめまして。
FX超初心者なので、いろいろ勉強しようと、ネットサーフィンしていてこちらにたどり着きました!
まだ、全記事読ませてもらってはいないのですが、スワップって、スゴイんですね!!
私も、ぜひ、このシュミレーション、真似してみたいです。v(^O^)v

……そこで、質問なんですが、レバ4.5倍でヒロセ通商の場合、何円ぐらいまで耐えられるのでしょうか?(ゴメンナサイ、自分で計算してみようとしたんですが、ヒロセ通商の証拠金が%表示じゃなくて、500円と書かれていたので、ワケがわからなくなってしまいました……。)

レバ4倍のアトランティックで69円とのことなので、それよりレバが高いということは、70~80円の間ぐらいかと思うのですが、直近で、そこまで下がったことっていうのはあるんでしょうか?(これまた、ネットで探してみたんですが、口座開設せずに見れる、トルコリラの詳しいチャートを見つけられなかったもので……。)

また、『ある程度資金が増えてきてからレバレッジを抑えたりする』というのは、具体的にどうすればいいのでしょうか?スワップが溜まっても、追加購入せずに置いておく……ということでしょうか?

いろいろ質問ばかりですみませんが、宜しくお願いします。」



コメントでお返事をするには、少し長くなりすぎるのと、
「複利効果を最大限活用バージョン」は、非常に皆さんの関心も高いみたいで、
いろいろコメントをいただいたり拍手をいただいたりしているので、
同じように知りたい方もおられるかと思い、今回は記事でお返事です。

まず1つ目の質問からです。
レバレッジについては、始めたばかりの方は、やはりどうしても分かりにくいようですね。

まず、前提条件は以下のように考えます。

現在のトルコリラレート:92円
1万通貨あたりの証拠金:5000円ヒロセ通商の場合です)
(1000通貨あたりの証拠金:500円)
レバレッジ:4.5倍

レバレッジ4.5倍ということは、自分の資金の4.5倍のトルコリラを保有するということですが、
言い換えると、92円の1万トルコリラを約20万円で購入することになります。
(92÷4.5=約20)

20万のうち、証拠金が5000円なので、
20万円-5000円=195000円
となり、それを1万通貨で割れば、
19.5円の値下がりまでは耐えられるということになります。

つまり、現在のレートを92円とすると、73円まではOKということです。
もし72円まで下がれば、強制ロスカットということになります。


そして、この73円というレートが安全かどうかということですが、
私は普段は、自分が開いている口座でチャートを見ているのですが、
Rinさんはまだ口座を開いていないようなので、ちょっと調べてみました。

http://finance.google.com/finance?q=tryjpy
で、トルコリラのチャートが見えるみたいです。
(私は普段使用していないの、詳しい使用方法は聞かないでくださいね(^^;))

これを見ると、2006年の6月に69円まで下げているようですね。
2006年の3月あたりには90円近くまで上がっていたようなので、
その時点でもしレバレッジ4.5倍でトルコリラを購入していた場合は、
6月には強制ロスカットにあっているということになります・・・。
(ちなみにレバレッジ4倍ならギリギリセーフだったと思われます・・・(^^;))

ということで、もちろん今後またそこまで下がるかどうかはわかりませんが、
可能性はありそうですよね。
なので、レバレッジを下げるか、4.5倍にするのであれば、
ストップロスの設定など工夫をする必要があるかと思います。


それと、次の質問で、
「ある程度資金が増えてからレバレッジを抑える」ということですが、
最初のころは2万円で1000通貨(20万で1万通貨)ずつ購入していたのを、
途中からは25000円で1000通貨とか30000円で1000通貨に変えるということです。

もしくは、全体のレバレッジを抑えるために、全体がレバレッジ3倍になるまで
新しいポジションの購入を控える、という方法でもいいかもしれません。

資金が増えてくると、やっぱり怖くなるし、
なくしたくないと思う気持ちも強くなりますよね。
でも、レバレッジが高くないと、なかなか資金も増えないので
ある程度増えてからは、安全思考でいったほうが無難かなと思います。

何度かブログで言ったことがありますが、
1度でも負けたら終わりです。
たとえ100万円が5000万まで増えても、その時点で強制ロスカットになれば
5000万円はなくなってしまうのです。
たとえ途中で元本の100万円を引き出していたとしても、
「元に戻っただけだからいいや」と諦めがつくとは思えません。


ということで、トルコリラ積立を考えている人や、
現在行っている人は、過去のレートや、レバレッジを何倍にするのかなど
しっかり考えた上で行ってくださいね。






ランキングの応援してくれると、実はとってもうれしいです。→ →   人気blogランキングへ
スワップ派の情報ならこっちにもいろいろありますよ。→→スワップ派のブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。