FXスワップ派の基本

スワップ派のFX業者比較

スワップ派の通貨の選び方

FXの税金

私のFX投資方法

今月のFX実績

FXお役立ちブログパーツ

FXひと休みコラム

FXスワップ派シミュレーション

読者からのコメント

お知らせ

FX本の書評





最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

「FXでスワップ生活を目指そう」の歩き方~FX初心者の方へ~
まずは左側のカテゴリ「FXの基本」を全て読んで下さい。分からない事があればいつでもコメントして下さい。恥ず
   かしい方は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れれば大丈夫ですよ。
その後、自分にあったFX業者を選びます。
   「スワップ派のFX業者比較」「スワップ派の通貨の選び方」を読んで参考にしてみて下さい。
全部読むのはめんどくさ~い!という人は、右側に私が使用しているFX業者を掲載しているので、まずはその中か
   ら適当に選んでもいいかも。
説明よりはまず実践!!という人は、デモ口座を開いて実践してみて下さい。FX Onlineなんてどうでしょう?
少し慣れてきたら、「私のFX投資方法」以下のカテゴリを読んでみてください。(「FXの税金」は後回しでいいか
   も。)「FXいろいろシミュレーション」は結構おもしろいですよ♪
おすすめ記事
◆スワップ生活の最低条件
◆FXの複利運用で資金はいくらに・・・?
◆複利投資法の1億達成比較!
◆トルコリラ複利運用に最適な業者比較
◆お知らせ◆
このブログの内容をまとめたサイト「FX初心者の為の外国為替講座~スワップ派で楽して稼ごう編~」を作成しました。(というか少しずつ作成している途中ですが・・・(^^;))
ブログよりもまとまっていると思いますので、良かったら見てみてください。
(昔からこのブログを見てくれている人は別に必要ないかも(笑))

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングの応援してくれると、実はとってもうれしいです。→ →   人気blogランキングへ
スワップ派の情報ならこっちにもいろいろありますよ。→→スワップ派のブログランキングへ
「FXでスワップ生活を目指そう」の歩き方~FX初心者の方へ~
まずは左側のカテゴリ「FXの基本」を全て読んで下さい。分からない事があればいつでもコメントして下さい。恥ず
   かしい方は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れれば大丈夫ですよ。
その後、自分にあったFX業者を選びます。
   「スワップ派のFX業者比較」「スワップ派の通貨の選び方」を読んで参考にしてみて下さい。
全部読むのはめんどくさ~い!という人は、右側に私が使用しているFX業者を掲載しているので、まずはその中か
   ら適当に選んでもいいかも。
説明よりはまず実践!!という人は、デモ口座を開いて実践してみて下さい。FX Onlineなんてどうでしょう?
少し慣れてきたら、「私のFX投資方法」以下のカテゴリを読んでみてください。(「FXの税金」は後回しでいいか
   も。)「FXいろいろシミュレーション」は結構おもしろいですよ♪
おすすめ記事
◆スワップ生活の最低条件
◆FXの複利運用で資金はいくらに・・・?
◆複利投資法の1億達成比較!
◆トルコリラ複利運用に最適な業者比較
◆お知らせ◆
このブログの内容をまとめたサイト「FX初心者の為の外国為替講座~スワップ派で楽して稼ごう編~」を作成しました。(というか少しずつ作成している途中ですが・・・(^^;))
ブログよりもまとまっていると思いますので、良かったら見てみてください。
(昔からこのブログを見てくれている人は別に必要ないかも(笑))

今後のFX注目通貨-ロシアルーブル

今日の注目通貨はロシアルーブル(RUB)です。
(この記事は「強くなる国に投資する」からの続きです。)
BRICsといえば、知っている人も多いかと思いますが、
2003年の10月にゴールドマンサックス社から発表された
経済発展の著しい国を表す言葉です。

B・・・ブラジル(Brazil)
R・・・ロシア(Russia)
I・・・インド(India)
C・・・中国(China)


の4カ国で、最後のsは複数形を現しているようですが、
南アフリカ(South Africa)を表す場合もあるようです。

BRICsの説明を少ししておきます。

「BRICsは人口の増加、資本の増加、労働生産性の増加などを起因として経済成長を成し遂げ
2004年にはいずれも5~9%代の成長を果たすなど、
近年では世界平均を上回る高水準の成長を記録している。

現時点で世界のGDPの約8%を閉めるに過ぎないその経済規模は、
2039年に経済大国G7(アメリカ、日本、ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、カナダ)の合計を上回り、
2050年時点でのGDPは中国、アメリカ、インド、日本、ブラジル、ロシアの順になると予想されている。」

これはWikipediaからの抜粋ですが、
要するに、今後も発展していくであろうという国をBRICsと呼んでいるわけですね。

ちなみに、ロシアの2006年のGDP成長率は6.7%と非常に高く、
欧州を中心に貿易黒字も拡大しているようです。

政策金利は11.5%と非常に高いです。

ここまで聞いたら、ぜひロシアルーブルを買ってみたいと思いませんか?

と、ここで本題です。
ロシアルーブルを買えるFX業者はあるのでしょうか?

私が調べた限りでは1つだけありました。

私もトルコリラ用に使用しているFX-navi です。

ただし、USD/RUBの通貨ペアのみで、
RUB/JPNはありません。

しかも!!
USD/RUBだと、ロシアの方が金利が高いので、
普通なら売ればスワップが入ってきそうなものですが、
売ってもスワップはマイナスなのです。

実は流通量の低い通貨には、こういったことがあるようで、
中国の人民元などもそうなんですが、
政策金利が高くてもスワップがマイナスになることがたまにあります。

FX-navi でのロシアルーブルのスワップは以下の通りです。
スワップは1万通貨あたりのスワップです。

  最低取引単位 買いスワップ 売りスワップ
USD/RUB 5000 26.87円 -53.46円


※5000通貨から購入できますが、5万通貨未満の場合はミニマムチャージで5ドルかかります。

買いスワップは微妙にプラスですが、
今後の経済成長を考えると、ドルと比べてロシアの方が伸びていきそうなので
買うのはちょっと危険っぽいですよね。

でも売るとスワップがマイナスというのはスワップ派とすれば、う~ん・・・って感じですよね。
スワップ派としてはお勧め通貨ではないのですが、
将来の為替差益のために購入するのはおもしろいかなと思っています。

さいわい、FX-navi ではトルコリラを購入しているので
組み合わせてロシアルーブルを少し買っても、トータルスワップはプラスになります。
だから私は将来の投資のために1万通貨ぐらい買ってみたいなと思っています。

将来的には流通量が増えて本来のプラススワップになるかもしれないしね・・・(笑)



この記事には関連記事があります。
強くなる国に投資する
今後のFX注目通貨-ユーロ
今後のFX注目通貨-南アフリカランド
今後のFX注目通貨-トルコリラ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト


ランキングの応援してくれると、実はとってもうれしいです。→ →   人気blogランキングへ
スワップ派の情報ならこっちにもいろいろありますよ。→→スワップ派のブログランキングへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://fxblog73.blog92.fc2.com/tb.php/35-bb805af7

ソビエト連邦解体後、ボリス・エリツィン大統領の主導のもと市場経済化が進められたが、このためにかえって急速なインフレーションを招き、1990年代半ばには経済的に落ち込んだ。その後、成長に転じつつあったが1997年のアジア経済危機の影響を受けて1998年にロシア財政危機

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。